放置子とはなんなの?

放置子もいう言葉は ネット用語とでも言うのでしょう、インターネット上で作られた言葉のようで実際に使う人は少ないかもしれません。

親が子供を放置してる→放置子と考えるのが簡単なのかな?と感じます。

親が仕事をしてる、してないに関わらず、子供の面倒を見ないで放置しているケースも、
親が働いていたり介護などで子供に手が掛けられず面倒を見られないから放置してるケースもまとめて放置子になるのでしょうか?

その辺は差別化したいのが本音ですが実際には差別化は出来ないと思うので仕方ないですね。

いずれにせよ、親を含め大人の保護がない状態が日常の子供に対して使われる言葉と筆者は解釈しています。

放課後に家に子供を留守番させる場合

学童保育などの施設には利用の枠がある関係で 一定の学年になると卒業しなくてはならないこともあります。
筆者の知り得る範囲だと大半の学校は三年生になる年で学童保育を卒業していました。

放課後に家で留守番させる場合に気をつけたいのは家がたまり場になる事です。
家で子供が集まって遊ぶことを簡単に許してしまうのは避けたいところです。

子供が留守番する場合でも家にじっとして待ってるばかりではないと思います。
帰宅してから遊びに行く事もありますから、行く先を把握しておきたいです。

目が届かないから勝手な行動はさせないように、親子できちんと決まりを作っておきましょう。

実際に決まりって?どうするの?

筆者の周りで実際に決まりとしてやっていたことを一例で紹介します。

・隣の家の人に行き先を伝え手から外出。
・外出先を家のホワイトボードに書いてから出る。
・親の携帯の留守電に帰宅の知らせを残す。
・子供だけになる環境の家には行かない。
・親が居ないときに人を家に招かない。

ざっと紹介するとこんな感じです。
【連絡をする】【どこに行くのかわかるように残す】【子供だけで家に居ない】事が大事です。

習い事を入れることも解決のひとつ

放置子の特徴なのか? 筆者が知る範囲だと【暇な子供】が多いように思います。
放課後にすることが無い・・・ だからウロウロしたり 人の家にたまったりするのかな?と感じます。

それを回避する方法として習い事を上手に組み込むのも手だと思います。

実際に週の半分は学校→帰宅→宿題→塾など習い事。と言う子が居ますが、あまり暇ではない事と周りの友達も同じような感じなので「友達と遊ぶのは週に1~回」だと言ってました。

やることがあると時間も気にしますのでだらだら過ごすことを避けたいのであれば子供と話し合って習い事を組み込んではどうでしょうか?

近所の人、ママ友、ファミリーサポートの人などなど、
家族以外でも子供の事を頼める人を作りましょう!

家族以外の人に子供の事は怖くて頼めない!と言う人も居ると思いますので全ての人にお勧めの方法ではありませんが「自分の子供の事を知っている人が近所に多い。」ほうが安心です。

学校の行き帰りにも気を使うことが多々あります。
それが放課後となると尚のことです。

学童保育が使えなくなってから慌てて対策をしても遅いので、
放置にならない環境をどうするべきか?を家族できちんと話し合っておきましょう。

子供にもちゃんと話し合いに参加させて自覚を持たせることも大切です。


この記事を書いたユーザー

めぐ このユーザーの他の記事を見る

現在は専業主婦してます。

得意ジャンル
  • 育児
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス