毎年お正月に長時間実況中継されるのが、箱根駅伝。正式名は「東京箱根間往復大学駅伝競走」です。

関東の大学の選手しか出走しないのに、関西圏でも長時間実況中継されます。
月間TVnaviによると、関西圏でも1月2日の午前7時から14時05分、3日の7時から14時18分の放映です。
2日間で合計14時間以上も中継されます。

絶好の宣伝

選手たちは○○大と大学名が書かれたゼッケンを胸と背中に付けて走ります。実況で何度も「○○大」と大学名を連呼してくれます。

大学にとってはとてもとてもありがたいことです。
汗水たらして宣伝しなくても、アナウンサーが何度も大学名を言ってくれるのですから、
こんな効率の良いPRはなかなかありません。

しかも視聴率は20%前後あります。

活躍した大学は偏差値が上がる?!

箱根駅伝で活躍した大学は、偏差値が上がることが多いと言われています。

何気なくテレビをつけたら、駅伝をやっていて何度も何度も「○○大学」と大学名を連呼しているのを聞けば、高校2年生や3年生は「○○大学かぁ~」と興味を示す人もいるでしょう。
僕の偏差値で手が届くかなあ?と調べてみて、「○○大も受けてみようかな~」と受験する人もいるのでしょう。
そして、受験者数が増えて偏差値も上がるというからくりです。

昔、知名度が高くない大学がスタートから中継地点までトップ争いに加わり、テレビに映り続けました。すると大学の知名度が一気に上がり、その年の受験生が大幅に増える、ということもあったようです。

連覇か?リベンジか?

箱根駅伝は1920年から行われており、今度が92回目の大会となります。

今度の大会でシード校となっているのは、青山、駒澤、東洋、明治、早稲田、東海、城西、中央、山梨学院、大東文化の11校です。

連覇を狙う青山か?リベンジを狙う駒澤や東洋か?

MARCHと大東亜帝国

高校生たちは、関東の難関私立大学をMARCHと呼んでいます。

明治、青山、立教、中央、法政でMARCHです。

ちなみに関西は、関関同立(かんかんどうりつ)で関西大、関西学院、同志社、立命や、産近甲龍(さんきんこうりゅう)で京都産業大、近畿大、甲南、龍谷です。

そして、大東亜帝国というのも時々言われるのですが、これは難関校と言うよりは「駅伝やるならね」と言った感じで、大東文化、東海、亜細亜、帝京、国士館または國學院のようです。

今度の箱根駅伝はMARCHが活躍するか、大東亜帝国か?

高校生は要チェック!

高校生は、受験勉強の合間に「ああ~、僕が願書出した○○大学が優勝したら受験生が増えるじゃん!後ろから追い上げてる△○大学頑張れ~!」
なんて、テレビの前で応援して、ストレスを解消するのもいいかもしれませんね。

たとえ受験生が増えたとしても、やるべきことをきちんとやっていれば大丈夫!
受験生が増えると嫌なのは、あなただけではなく、ほかの受験生も同じですよ!

選手たちの頑張りを見て、励みになると良いですね。FIGHT!!

この記事を書いたユーザー

不死身のひみこ このユーザーの他の記事を見る

患者からの目線と元医療従事者としての目線とで、医療や健康に関する記事をメインに書いています。
4度の手術に膠原病でバツイチで・・・と波乱万丈の人生ですが、”人生に喜びや笑いを添付したら結果は出るはず!”という「喜笑添結」で毎日を過ごしています。

得意ジャンル
  • 育児
  • 暮らし
  • 美容、健康
  • 感動
  • コラム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス