自らを「The Stock Photobomber(ストック素材のフォトボマー)」と名乗る怪しげな男・マシュー・ヴェスコヴォ(Matthew Vescovo)さん。

photobomb (フォトボム)とは、いい感じに撮れたと思ったのに、写真に全く関係ない人物や物が写ってしまう事。

せっかく上手に撮れた写真。見てみたら全く関係ない人や物が写っていることって結構ありますよね。そんな写真のことをphotobomb(フォトボム)といいます。また、photobombは動詞で使うこともあり、「偶然写真に紛れ込んでしまう」「写真を台無しにしてしまう」という意味にもなります。

出典 http://www.slangeigo.com

マシューさんは20年のキャリアを持つ元アートディレクター。仕事でストックフォト(写真素材)を使う事も多かったのですが、どの写真を見てもインチキくさい!と思っていたそうで…

仕事で散々見てきたリアリティの無い写真たち(本人曰くざっと84574293012枚)の中に、本物のリアルを!と考えたのだとか。Photoshopを使って自らがその写真に入り込んだ作品を作り始めたそうなのですが…

そのリアルさは、写真台無し感をメガ盛り級にしたパンチ力!

嬉しそうなこの2人も・・・

更に嬉しそうに見えてくる?!

爽やかな景色を満喫!だと思ったら・・・

決定的瞬間!うわぁぁぁ!!

この後が最初の写真だと思ったら、この女性がすんごい怖く見えてきたぞ。

こちらは事故の瞬間?と思いきや・・

息子のリコーダー、うるさぁ〜〜〜い!!!

背伸びをする女性かと思ったら・・・

彼氏に脇の匂いを嗅がせていたとは!

おっと、ここでまさかの吹き矢だ!

あ〜、こっちからも。

辛そうに叫ぶ青年も・・・

この方がもっと辛そうだ!!

この紳士はどうなってしまうのか・・・

まさかの手形をかたどってる最中だったとは!この神妙な顔は、手を動かしちゃいけないからだったのですね。

それにしても、果たしてリアルになったのか、はたまたただ台無しになっただけなのか。マシューさんが無理やり入り込んだ写真、こちらでは紹介しきれないので、気になった方はぜひ、マシューさんのサイトをチェックしてみて下さいね。

この記事を書いたユーザー

Mucoco このユーザーの他の記事を見る

愛犬と一緒に、海を眺めながら暮らしています。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス