サイズが合わなかったり、着なくなってしまったセーターを使って作る『Cozy Slipper(コージースリッパ)』。これが簡単に作れるうえに、とっても暖かそうだったので紹介したいと思います。

“居心地が良い”という意味合いを持つ『Cozy』という単語が入っているだけあって、その快適さ、そして、暖かさは…折り紙付きのこのスリッパ。では、早速ですがその作り方。紹介していきたいと思います。用意するのは

■着なくなった
セーター
■ハサミ
■縫製ピン(まち針)
■ペン
■毛糸
■大き目の縫い針(毛糸を縫っていく為)
■紙や厚紙

コチラの7種類。

まず、紙の上に足を置き、1.5cm~2cmほど外側を、ペンを使って型どります。

次に、型どった紙をセーターのボディ部分にあて、ハサミを使ってカットして下さい。
(両面テープを使い、紙とセーターをくっつけたのちにカットすると上手くいきますよ!)

続いて、セーターの袖に足を入れ、好みの長さまで引っ張ったら…

足裏部分にあたる生地を豪快にカットして下さい。
(誤って足をカットしてしまわないよう、十分にお気を付けください。)

ここまでは大丈夫でしょうか?

あとは縫製作業のみ!まずは“まち針”を使って、先程作った、底部分と胴体部分を仮止めし…

毛糸を使って縫っていきます。なお、縫い方が脆いと、すぐに破れてしまいますので…

↑のように、輪の中に糸を通しながら縫っていく『ブランケットステッチ』を使い、上手に縫っていって下さい。イマイチわからないという方は、↓の動画を見ながら縫うと上手くいきますよ!

出典 YouTube

ちなみにこの『コージースリッパ』。適当にカットしても、伸縮性のあるセーターによって、上手く仕上がってくれるというのが…とっても素敵なところ。ですので、縫製が苦手な方でも、自信を持って作ってみて下さいね!

ハンドメイドとは思えない『コージースリッパ』。底部分にフェルト、もしくはレザーを貼り付ければ、耐久性もアップし、長く使えるとの事なので、これからの季節に大活躍必至の『コージースリッパ』。是非この機会にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

この記事を書いたユーザー

kota60 このユーザーの他の記事を見る

豚骨ラーメンが超苦手な福岡在住ライター。家族や友人に話したくなる…そんなネタを中心に発信していきます!

なお、記事作成後、即ツイートしますので、誰よりも早く記事を読んでくれる方!ツイッターのフォロー(@thelovedtools)宜しくお願いします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス