朝食にぴったりのヨーグルトですが、寒い季節は体が冷えてちょっと手が出づらい時もありますよね。そんなときはレンジでチンするだけの「ホットヨーグルト」にすると体も温まって快調快腸!とっても簡単なのでぜひお試しください。

基本のプレーンヨーグルト

出典撮影:蜜

★ヨーグルト+ハチミツ+好みでシナモンシュガー。
ヨーグルト100gに対してハチミツ大さじ1、水大さじ1。レンジで30秒~1分(好みの温かさになるまで)温めます。これだけ!
コツというか、最初にヨーグルトと水をスプーンで混ぜてなめらかにしてからハチミツを入れ、レンジでチン→ハチミツがとろけるのでさらにかき混ぜると全体がなめらかになります。

※個人的には熱いのが好きなので1分少々温めてもおいしかったです。しかし温めすぎると分離してしまうようなので注意!また、味が薄まるのでハチミツに限らず甘味を入れると良いです。

食べ応えあり!バナナヨーグルト

出典撮影:蜜

ヨーグルト+バナナ+ハチミツ+好みでシナモンシュガー
基本のホットヨーグルトに、適当にカットしたバナナを入れて温めるだけです。バナナのカットをスプーンで行えば包丁いらず。上の飾りぶんだけは、温めた後から最後に乗せます。

見た目がピンク!ラズベリーヨーグルト

出典撮影:蜜

ヨーグルト+凍ラズベリー+ハチミツ
こちらは冷凍ラズベリーを入れて温めてから、スプーンでちょっと果肉をつぶしました。つぶして混ぜるとピンク色になって見た目が可愛くなります。SNSではブルーベリーヨーグルトを食べている人が多かったです。

みんな大好きチョコバナナ風

出典撮影:蜜

ヨーグルト+ココアパウダー+バナナ+ハチミツ+あればチョコソース
ヨーグルトにココアパウダーを入れてよく混ぜて色をつけて、ハチミツとバナナ適量を入れて温めました。もしあればハチミツの代わりにチョコソースをかけたり、溶けやすいチョコを入れてみるのも面白そうです。

ダイエットメニューにも人気です

朝からお腹を温めると腸の動きも良くなるので朝食におすすめです。夕飯をホットヨーグルトに置き換える人もいるもよう。りんごなどのフルーツと合わせてもおいしそうですね。「痩せたいから食べる」のではなく「食べて満足、痩せたらラッキー」くらいの気持ちで習慣にした方が続きやすい気がします。

温めたら乳酸菌はどうなるの?

Licensed by gettyimages ®

乳酸菌が増殖しやすいのは40℃前後とされており、菌が死滅するのは60℃以上。長時間温めたり、グツグツ沸騰させなければ大丈夫のようです。しかも温かいことでカルシウムの吸収が促進されやすくなるとか。お腹も壊さないし、良いことづくめ!
温かさの目安は人肌くらいということになりますが、乳酸菌のことを気にしないのであればちょっとくらい熱い方が個人的には好きです。

おいしく食べて、健康的に!

Licensed by gettyimages ®

寒い冬でもおいしく食べられるヨーグルト習慣で、楽しく健康に過ごしていきたいですね。ジャムを乗せたり、グラノーラと合わせて温めたり…ちょっとした工夫をするのも面白いので、自分なりの新しいヨーグルトレシピを開拓してみてください。

この記事を書いたユーザー

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス