出典 https://www.facebook.com

注射器のハートに囲まれた赤ちゃんの写真をFacebookに投稿したのはアメリカの不妊治療クリニックネットワークSher Institutes。この写真が投稿されてから瞬く間に16,000人以上の人がいいねを押し、シェアも6,000件以上と大きな話題になっています。この写真には赤ちゃん誕生に対する母の想いとそれに携わった医師や看護師さんの想いが込められた奇跡の1枚なんです。

ワオ!なんてゴージャスな写真!愛に囲まれ生まれた女の子の赤ちゃんを誕生させ
真の愛を示してくれた母親のアンジェラとセントルイス博士に感謝します。

出典 https://www.facebook.com

この写真の赤ちゃんの母親はアンジェラさん。お気づきの方も多いと思いますが、ハートの注射器はアンジェラさんが一年半の間『不妊治療』で使用した注射器の一部で作られたものなのです。瞬く間に話題になったこの写真はそれだけ『不妊治療』に対し世の中の関心の強さを物語っているのではないでしょうか。

・わたしも今、治療中です。いつか授かる天使を心待ちにして、この写真に勇気をもらったわ

・このすべての注射器に価値があったこと、医療技術の発展、神に感謝します。ありがとう

・わたしも完璧な男の子を授かった。治療中の人は諦めないで!

・辛い診察や採血も注射もすべて今この瞬間のために!

出典 https://www.facebook.com

この投稿には祝福の言葉と共に、これから不妊治療を考えている人・不妊治療をはじめる人には勇気になり、不妊治療中の人には支えになり、不妊治療で成果のでなかった人にはまた考えるキッカケになりと多くの不妊治療に携わっている人々の心に刻まれました。

不妊治療について知ってほしい!

Licensed by gettyimages ®

母親のアンジェラさんは不妊治療で一番辛かったのは『感情の浮き沈み』だと語っています。不妊治療とは女性の身体と心に大きなストレスを与えます。その他も時間とお金にも大きな負担を…そして日本自体が不妊治療について大きく遅れをとっているのです。

日本では不妊治療に対し意識が低く『恥ずかしい』や『不妊治療をすすめるなんて失礼』『世間体が…』だという気持ちの方が先にたつようです。不妊治療をするにあたり自分自身が女性として欠落しているものがあるのかと思い悩む方も多くいます。

しかし、不妊は女性だけの問題ではありません。
WHO調べでは不妊原因
男性 24%
女性 41%
男女ともにある場合 24%
不明 11%となっています。

不妊=女性の問題と考えるのはナンセンス。これも日本が不妊治療に関して意識が低いと言われる要因にもなっているのです。

不妊とは?

妊娠を希望し1年間性生活を行なっているにもかかわらず
妊娠の生活をみない場合

出典 http://ivf-asada.jp

不妊治療とは?

子供を望む健康的なカップルが避妊をせずに性交渉を一定期間続けても妊娠に至らない場合に、「不妊症」と診断されます。不妊治療とは、この不妊症のカップルのために、薬や高度生殖医療技術を通じて妊娠の手助けをすることをいいます。

出典 http://192abc.com

日本でも子供を授かりたいと思いながらも不妊に悩むカップルが10組に1組。5組に1組とも言われています。(日本生殖医学会調べ)晩婚化により不妊治療をはじめる女性の年齢も年とともに上がってきているそうです。

また、厚生労働省は2016年より不妊治療の公費助成を42歳までとすると年齢制限を設けました。

Licensed by gettyimages ®

一概に不妊治療と簡単に言っても様々な方法があります。

排卵と受精を補助する方法には、タイミング法、排卵誘発法、人工授精、そして体外受精などの生殖補助医療があり、順番にステップアップして行われることが多いです。

出典 http://www.jsrm.or.jp

不妊治療には莫大なお金と時間が掛かります。一度の体外受精で掛かる費用は病院にもよりますが30万〜50万。

不妊治療を始めて妊娠するまでの期間は平均して約2年、治療費の総額平均はおおよそ140万円かかるという結果が出ています。
もちろん平均値であるため、治療方法によって大きな差は生まれますが、不妊治療を考えた場合の大まかな目安として参考にしてください。

出典 http://www.hopefor-baby.com

不妊治療は治療費だけではなく大きな精神的負担が女性に大きく伸し掛ります。アンジェラさんもコメントしているよう感情の浮き沈みが激しくなるような不安定な状態になりやすくなります。

辛い治療に高額な医療費、いつ授かるか分からない赤ちゃんを待つ気持ちが自分自身を追いつめていくのです。そうならない為にもカウンセリングを受けることをオススメする病院が増えてきています。

Licensed by gettyimages ®

不妊治療をしている女性への心のケアはとても大切。なかなか結果がでない、気軽に人に相談できない、理解してもらうことが難しい、旦那さんと不妊治療への気持ちの共有が難しいと思い悩みどんどん孤独化していくこともあります。そんな想いをしないよう心と身体に寄り添ってくれるカウンセリングを受け一旦気持ちをリセットしてみるのもいいでしょう。

出典 https://www.facebook.com

不妊治療を女性の問題だけと捉えず、社会全体でもっともっとサポートできれば、恥ずかしいと思わず声にだし気軽に相談できる場所があれば、不妊に対しての認識や知識がもっと広まり理解されるのではないでしょうか。

注射器のハートに囲まれている赤ちゃんは母親が様々な苦難を乗り越え誕生した奇跡の赤ちゃん。どんな想いでここに辿り着いたかは計り知れません。不妊治療の辛さを知っているからこそ大きな反響を呼んだと言ってもいいのではないでしょうか。

遅れをとっている日本。医療はどんどん発展していきます。しかし、治療を受ける患者さんの心はどうなんでしょう?

Thanks for reading to the end♪

オススメ記事も合わせてどうぞ♪

この記事を書いたユーザー

パトリシア このユーザーの他の記事を見る

主にスポットライトで書かせて頂いています。
ありがとうございます。
Twitterアカウント開設しました。
よろしくお願い致します。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • ライフハック
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス