日韓両国間の大きな懸案となってきた、いわゆる従軍慰安婦問題をめぐる両政府の協議が28日、合意した。日韓外相の共同記者発表によると、日本政府は同問題への旧日本軍の関与を認め、「責任を痛感」するとともに、安倍晋三首相が「心からおわびと反省の気持ち」を表明。元慰安婦支援のため、韓国政府が財団を設立し、日本政府の予算で10億円程度の資金を一括拠出する。

出典 http://www.jiji.com

慰安婦問題が解決へと向かうことは非常に喜ばしいものです。

特に今回は韓国側からこれでラストという言及も取っています…。

この問題が最終的かつ不可逆的に解決されることを確認する

岸田外相と尹炳世韓国外相がソウルの韓国外務省で会談、合意に達した。会談後の共同記者発表で、岸田氏は慰安婦問題について「最終的かつ不可逆的に解決されることを確認する。今後、国連など国際社会で、本問題について互いに非難、批判することを控える」と表明。尹氏も合意事項の履行を前提に、「この問題が最終的かつ不可逆的に解決されることを確認する」と述べた。
 また、ソウルの日本大使館前に設置された慰安婦問題を象徴する少女像について、尹氏は元慰安婦支援団体「韓国挺身(ていしん)隊問題対策協議会(挺対協)」を念頭に、「可能な対応方法に対し、関連団体との協議などを通じて適切に解決されるよう努力する」と述べた。日本政府は少女像の撤去を求めている。

出典 http://www.jiji.com

努力という言葉で非常に曖昧ですが、慰安婦像も撤去をしていく方向で決まったようですね。

支払いに関して早くやれと韓国の大統領が言っているようですが、この慰安婦像に関してもすみやかに撤去願いたいものです。

しかしながら…。

下記の記事でも書きましたが、既に解決した問題に+アルファーで余計な出費を強いられたと言う事は言うまでもありません。
今後同じような事が頻発する事が懸念されます。

今回はアメリカへの配慮もあり払わざる得ないという状況だったのでしょうけども…。
今後は断固とした措置を取る必要があります。

賠償金のおかわり?

今回日本側の1億に対して韓国は20億を提示。
この金額の差はなんなのでしょうか?

まず慰安婦が何人いるかという話になります。

こちらの韓国のサイトによると全員で238人で生存者は46人となっています。

全員が本物かどうかはわかりませんが、生死問わず全員に払って約40万円、生きている人だけなら200万円が日本政府の言う1億で行き渡ります。

少ないと思われるかもしれませんが、これ私が知る限り2回目のおかわりなのです。

村上富市総理大臣の時代に
日本国民からの総額約5億7000万円の寄付金これが一人一律200万円
そして、政府予算からの医療・福祉支援事業(総額約5億1000万円)
更に今回と同様に内閣総理大臣のお詫びの手紙
が渡されているのである。
これが約10億8000万円ある。

更には日韓請求権協定の時に当時のお金で2億ドルの支払いと3億ドルの貸付を解決のお金として韓国側に渡っているのである。
この1回目の支払で慰安婦にもお金が回るはずが回らなかったという問題の責任は韓国政府にあるはずなのだが…。

ちなみに現在の価値は…

当時のお金を現在の価値にすると諸説ありますが、物価などから大体3倍程度と考えられます。
すなわち、ドルベースで行くと6億ドルの賠償金と9億ドルの貸付となります。
これを円に直すと現在1ドル120円程度ですので720億円と1080億円です。
ちなみに先に円に戻してから3倍すると…。
当時1ドル360円の固定相場でしたので、2160億円と3240億円となります。

出典 http://spotlight-media.jp

以前の記事で書いたものを引用したものです。
わかるだろうか?私が知っている限りでこの金額である。
そして、三回目の支払いが今回の10億円。
これで最終と念押しまでしているが…。本当に終わるのだろうか?

最初は一億から…

基金の規模をめぐっても、1億円超を想定していた日本政府は、大幅な積み増しを求める韓国側に配慮し、「数億円程度」とする検討に入った。日本が求めるソウルの日本大使館前の慰安婦少女像の撤去についても外相会談で調整される。

出典 http://www.jiji.com

先程も書きましたが一億円と日本は表明していました。
これで生存者ベースで200万円です。以前の村山政権時代のお金も合わせると400万円+医療福祉の支援である。
しかし、ながら韓国政府は20億円という金額をふっかけてきたのである。
20億円というと生存者ベースで一人4000万円、残念ながら既に亡くなっている方の遺族に支払ったとしても一人800万円である。

一般的な強姦の示談金相場

慰安婦問題は強姦ではない。軍事風俗施設で働いていた女性の問題であるが、
とりあえず、そこは置いておいて、一般的な強姦事件の相場で計算させてもらう。

様々な弁護士のサイトを見てみたが一般的なものであれば多くて2~300万円程度
場合によっては10万円というケースも多くある。

そう考えると最初に韓国政府に支払ったお金を入れなくても一人200万円+医療費と福祉費と考えると前回の支払いで十分と言えるものではないだろうか?

しかも、この慰安婦、強制的か否かは別として給料までしっかりともらっていたのである。そう考えるとかなりの今回の合意以前の保証でさえ十分な保証と言えると思うが…。

そして落ち着いたところは…。

結局10億円という金額に落ち着いたわけである。
なくなった人も含めて400万円、生きている人だけなら2000万円である。

本当にこれで終わりだと強い決意を政治家の皆さんには持っていていただきたいものである。

これのどこがヤクザの交渉術?

さて、ここからが今回の記事の本題ヤクザの交渉術である。

2度もお金を受け取っていながら3度目のお金よこせの時点でヤクザやチンピラのようだという声もあるようだが…。

それはさておき、金額の出し方に交渉術が隠されている。
先程からなぜ金額をひたすら出していたのか疑問に思われた方もいるだろう…。

今回のケースは前もって医療費は支払われている物として考えると、先ほどの2~300万のレイプの解決金は医療費込みであるので、1~200万円程度となるのだが…。既に前回一人200万円支払っているので日本政府の1億円で十分なはずなのだが、まさかの20倍…。この法外な要求はヤクザやチンピラがまずは大きめに出ておけば下がっても多くの金額を取れるという手法によく似ている。
いや、まさにその手法そのものである。

その思惑の通り10億円という日本からすると当初の10倍の金額を出す羽目になったのである。

今後の動向

日本がお金を支払い、韓国が銅像を撤去すればこれにて解決になるはず…。

である。万が一にももう一度お金を出せとなっても今回本当に最後と書かせているのでこれ以上は韓国側でなんとかしろで突っぱねるべきである。

そして、ネット上の多くの人が思っているどうせもう一度よこせというが杞憂で終わることを切に願う…。

この記事を書いたユーザー

いつか笑って過ごせる日まで このユーザーの他の記事を見る

いつか笑って過ごせる日までと申します。 起業家でフリーライターです。政治からゴシップネタまで幅広く手掛けています。 残念ながら今はまだ貧乏人です…。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • インターネット
  • コラム
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス