2015年も残りわずか。みなさん、年越しの準備は順調でしょうか?暖冬の地域もあるようですが、そんな冬に限って大雪が降ったりするものですよね。今年の冬休みはどこにも行かず家でゆっくり、なんていう方も多いのでは?
そこで、今年人気の高かったゲーム10タイトルご紹介。楽しい冬休みの参考にしてみてください!

■説明書不要!親子でワイワイ編

マインクラフト

出典 YouTube

冒険&ものづくりをテーマにした、親子で楽しめる知育ゲーム。レゴのゲーム版に近い印象で、楽しくアタマを使えます。今年のヒット商品にもランクインした人気タイトルなので、すでにご存知の方も多いかもしれません。PlayStationやXbox、WiiUなどさまざまなハードに対応。知育的な面が評価され、2015年10月には東京都多摩市の愛和小学校でも授業に採用されたほど。PlayStationでは「マイクラ部」なるものが活発にイベントなどを開催しており、毎回長蛇の列ができるとか。パパ・ママはこの冬ならずとも要チェックです。

妖怪ウォッチバスターズ 赤猫団/白犬隊

ニンテンドー3DSで楽しめる、妖怪ウォッチのアクションRPGです。親子に嬉しい複数プレイヤー同時プレイ対応です。登場キャラやシステムなどが多彩なわりに、操作にすぐに慣れる親切設計。オープニング曲には、大人もハッとするメッセージも。意外と深いです。

スーパーマリオメーカー

Wii Uで遊べる「つくるスーパーマリオ」。遊ぶだけでなく、創意工夫の面白さがあります。ドラッグ&ドロップの簡単操作なので、大人も安心。親子で知恵競べ、なんていうのも楽しいかもしれませんね。ちなみに世界の職人たちがつくったコースもスゴイです。

■盛り上がること間違いなし!夫婦・カップル編

スター・ウォーズ バトルフロント

出典 YouTube

ファンならずとも注目の一本。操作は直感的ですぐに慣れます。さまざまなバリエーションのゲームが用意されているので、スピード感や複雑さなど自分にあったものを選ぶことができ、「最近のゲームにはついていけない!」といった女子も心配ご無用です。今回体験したのはPlayStation 4版でしたが、インストール中のお待たせゲームからしてクオリティが別格。一気にスター・ウォーズの世界へ入り込めました。プレイ後ふたりで映画を観れば、楽しさ倍増間違いなしです。Xbox One、PCでもプレイ可能。

モンスターハンタークロス

男性向きかと思いきや、さにあらず。操作は簡単で、キャラの動きもポップなので、女子も十分に楽しめます(そして猫たちがとにかくカワイイ!)。ニンテンドー3DSを二人で持ち合えば、コンビネーションが深まること請け合い。年末はハンティング・デート、なんていかがでしょう?

Splatoon(スプラトゥーン)

Wii U対応の、ペンキを塗り合う陣取りシューティングゲーム。カラフルでポップなデザイン、そして気持ち良いスピード感は、まさにカップル向きです。二人プレイは「バトルドージョー」がオススメ。コントローラー追加など諸条件はありますが、エキサイティングできます。

コール オブ デューティ ブラックオプスIII

年末のストレス発散にピッタリの、一人称本格シューティングゲーム。注目はゾンビが登場するモード。1940年代を舞台にしたクラシックな世界観なので女子も取っ付きやすく、さらにホラー映画のようなスリルも。二人の中がぐっと縮まりそうです。意外と“撃って撃って撃ちまくる!”彼女の隠れた才能が開花するかも?PlayStationやXbox、PCに対応です。

■“プレイし放題”は大人の特権!一人暮らし編

マリオ&ルイージRPG ペーパーマリオMIX

出典 YouTube

スーパーならぬペーパーマリオ!ニンテンドー3DSのアクションRPGです。マリオとルイージに加え、本の世界から飛び出してきたマリオ(紙だからペラペラ!)と一緒に冒険へ。リズム感が攻撃を左右するので、上達していく実感がクセになります。敵なのに協力的なクリボーに感謝w

どうぶつの森 ハッピーホームデザイナー

どうぶつたちの街をデザインしてあげるゲーム。新居のインテリアから公共施設まで幅広く手がけるので、存分にセンスを発揮でき飽きません(どうぶつたちの要望がハイレベル)。大人もかなりの達成感を味わえます。来年は引っ越したくなりました。ニンテンドー3DS対応です。

VALKYRIE DRIVE -BHIKKHUNI-

グラマラスな女の子たちがバッサバッサと敵をなぎ倒していく、王道アクションゲーム。問答無用の爽快感とドライブ感にいつしか無心で没頭。人気も納得です。しかしビジュアルはかなりセクシーなので油断禁物。自室プレイをお勧めしますw。男子諸氏は注目のPlayStation Vita対応ソフト。

いかがでしたでしょうか?今回の取材で知ったのですが、近年ゲーム関連のイベントが様変わりしているようで、親子向けからe-Sportsまでかつてなく盛況のようです。埼玉県主催の、親子でゲームの歴史を追体験できる「あそぶ!ゲーム展」も、週末は家族連れが多く訪れるのだとか(2016年2月28日まで)。ゲームをしながら、来年のおでかけ相談をするのも楽しいかもしれませんね。

この記事を書いたユーザー

asiaman このユーザーの他の記事を見る

ネットニュースなどを中心にライターとして活動中。プラチナライターとして記事を執筆させていただいております。もしよければほかの記事もご覧ください。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス