おせちやお雑煮で新年を迎える事と思いますが、京都では「福茶」を飲みます。とても簡単に取り入れられるので、ご紹介したいと思います。

福茶とは?

福茶もしくは大福茶とも呼び、昆布・黒豆・山椒・梅干しなどを入れたお茶で、大晦日や正月に縁起を祝って飲みます。

「昆布はよろこぶ」「豆はまめまめしく働く事が出来る」「梅はしわが寄るまで」または「梅は(松竹梅に入っている)縁起のいい花」と語呂合わせで縁起を担いだものです。お正月三が日はこの福茶を飲んで一年間の無病息災を願います。

京都の六波羅密寺がルーツとも

平安時代、空也上人が疫病に苦しむ民へお茶に梅干しを入れて振る舞ったところ、
やがて疫病が下火になったという功徳にあやかり、時の天皇が正月元旦にこのお茶を服するようになりました

出典 http://www.giontsujiri.co.jp

現在も六波羅密寺では年始の行事に皇服茶(おうぶくちゃ)があり、結び昆布と梅干しを入れた茶が参拝者に振る舞うわれます。これを飲めば無病息災といわれています。この皇服茶が「福茶」のルーツとも言われています。

今では年末になるとお茶の専門店はもちろん、京都の様々な神社仏閣で福茶(大福茶)が売られています。

節分に福茶を飲む地域も

読んでいて、福茶は節分に飲む物でしょう?と思った方もいると思います。節分に飲む地域もあるようで、意味は元旦に飲む福茶と同じく縁起を祝って飲みます。節分の飲む場合は、豆をまいた後残った豆でお茶を作ります。

これなら、歳の数だけ食べれる!煎り大豆アレンジ福茶と一緒に〜 レシピhttp://www.recipe-blog.jp

作り方は簡単

新年に飲む物なのでせっかくだからと新しい茶葉を購入する方も少なくありませんが、必ずしも新しく買う必要はありません。実は作り方はとっても簡単。お家にある煎茶に昆布や梅を入れるだけなので、家にあるものですぐ淹れる事が出来ます。

「福茶」の習慣がない地域の方もすぐに取り入れられる方法だと思いますので、2016年のお正月は「福茶」で福を呼び込んでみてはいかがでしょう。

この記事を書いたユーザー

さくラブ このユーザーの他の記事を見る

美容やファッション大好きな1児のママです。
忙しくても毎日綺麗にしていたい、可愛くなりたいをモットーにしています。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス