子どもがよくリビングで勉強している

勉強の苦手な子は、リビングでの学習が向いているそうです。

勉強が苦手な子はリビング学習が向いていると言われています

出典 http://moomii.jp

勉強が好きではない子どもは、自室では勉強しません。

勉強嫌いな子は、自室にこもってしまうと、ほとんどの場合は勉強しません

出典 http://papimami.jp

リビングであれば、遊びの誘惑に負けにくくなります。

宿題やテキストなど必要なものだけをリビングに用意して、集中して取り組む学習の方が効果的なのです

出典 http://moomii.jp

リビング学習では、必要なものだけテーブルの上に置いて勉強に取り掛かりますので、漫画本を取り出して読み始めるということがありません。また、親の目がありますので、ほどよい緊張感の中で集中して勉強に取り組むことができます。

また、わからなければ、親にすぐ聞けるというメリットもあります。※親は子どもに質問されたら、作業の手を止めて、対応することが大事です。

ある程度の雑音は、集中力を高めるためにプラスになるそうです。たしかに、シーンとした環境でないと、集中できず勉強できない…では、成長してからも困りますね。

家庭の雰囲気が明るい

家庭の雰囲気が明るいということも、共通した特徴です。

相手(伴侶)の悪口を我が子にぶつける親は最悪だ

出典 http://president.jp

伴侶に対する愚痴や文句はやめましょう。最悪の行為だそうです。

愚痴を吐き続ける母の元に育つと、その子は遅かれ早かれ壊れる

出典 http://president.jp

もしそれをやると、子どもが伸びるどころか、壊れてしまいます。

子どもの“素直さ”には、親と家庭環境が大きく影響してくる

出典 http://papimami.jp

家庭の雰囲気は、子どもの性格にも影響を与えます。伸びる子どもは総じて素直ですが、素直な子どもは、明るい雰囲気を持つ家庭のもとで育ちます。

親がいろいろなことに興味を持っている

伸びる子どもの親は、いろいろなことに興味を持っています。

親がこどもよりも率先して新しいものに飛びつくご家庭

出典 https://miray-school.co.jp

親に学ぶ姿勢があります。

親が先に好奇心を出して、新しいものに興味を示すと、当然ながらお子さんはその姿を見て、自分も知りたい、という風になる可能性が高いです

出典 https://miray-school.co.jp

親の姿勢は、子どもに伝染します。

子どもの遊びに親御さんが先に反応するご家庭のお子さんは、その後話してみると例外なく学びに前向きで、考え方がしっかりしていたり、集中力が高いそうです

出典 https://miray-school.co.jp

物事に対し冷めた態度を取る親御さんの場合は、子どもも、だんだんとそんな感じになって行きます。逆に、新しいことに興味津々で、チャレンジ精神旺盛な親御さんの場合は、学びに対し前向きで、リスクを恐れずチャレンジできる子どもに成長します。

子どもを見れば親がわかると言いますが、親の影響はかなり強いと考えていいでしょう。

子どもと過ごす時間を大切にしている

伸びる子どもの親は、子どもと過ごす時間を大切にしています。

こどもといっしょに過ごす時間を持つこと

出典 http://www.wormo.net

子どもと過ごす時間が大事だと考え、積極的に持つようにしています。

こどもが話しかけてきたら家事の手をいったん止めて話を聞く

出典 http://www.wormo.net

子どもとの日常の小さいコミュニケーションも、大事にしています。

お休みの日は家族揃って出かける…そういった小さな積み重ねとあたたかなまなざしが親子の絆を強め、成長の土台になると思っています

出典 http://www.wormo.net

お休みの日は、家族そろって出かけたりします。そしてその間も、子どもとよくコミュニケーションを取ろうとしています。

親はこのような、小さな積み重ねが大事だと認識しています。

子どもを罰則で動かそうとしない

伸びる子どもの親は、罰則で子どもを動かそうとしません。

「成績が悪くなったからお小遣いをなしにした」

出典 http://president.jp

成績が悪かったから罰則を与える、はNGです。

その子の成績は永遠に上がらない。罰則からは生産的なものは何も生まれない

出典 http://president.jp

親は「子どもは罰則が嫌で次は頑張るだろう」と思うかもしれませんが、それは絵に描いた餅です。コトはそう思い通りに進むものではありません。

我が身で考えてみましょう。仕事の成績が上がらないからという理由で、給与を削減されたらどう感じるでしょうか?中には発奮する人もいるかと思いますが、仕事に対するモチベーションを落とす人の方が多いと思います。

大人でもそうなります。罰則で人を動かそうと思っても、いい結果にはならないのです。

私の知る限り、成績の良い子に、親にエサで釣られた子は存在しない

出典 http://president.jp

かと言って、餌で釣ってもダメです。その行為は、子どもの内発的動機を毀損するからです。伸びる子どもの親は、そのことを知っていますので、餌で釣ろうとはしません。

※知らなくても、そのような教育方針は(心情に反するので)取りません。

この記事を書いたユーザー

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス