米ミネソタ州のロチェスターにある、スターリング州立銀行で強盗事件が発生。

そしてその翌日、ローカルTV局「KIMT」 のレポーター、Adam Sallet(アダム・サレット)さんが現場から生中継を行っていたのですが、なんとその生放送の最中に、逃走している犯人が登場するというハプニングが起こりました。

出典 https://www.youtube.com

生放送で、現場からの中継が始まった矢先…

出典 https://www.youtube.com

後ろにあるスターリング州立銀行から行員の男性がカメラに向かって走り寄ってきました。

そして何やらカメラの後方を指さしているのですが…

出典 https://www.youtube.com

なんと!昨日の強盗犯が現場に戻ってきているというのです!

出典 https://www.youtube.com

アダムさんは、予想外の展開に戸惑いながらも「ご覧ください!あの男性が強盗です!」「これから中継を中断して警察に通報します!」などと話しているのですが…

……

出典 https://www.youtube.com

おい…カメラマン…

出典 https://www.youtube.com

(何故犯人を映さない…)※キャスターの気持ちを勝手に想像して代弁しています…。

出典 YouTube

前日に銀行強盗事件を働いた犯人が、なんと翌日も再び銀行襲おうと現場に戻ってきたという、マンガみたいな…嘘みたいな本当の展開があったようですが、もちろんこのあと犯人は逮捕されたそうです。そりゃそうですよね…。

いやぁ…それにしても、何故ちょっとカメラの方向を変えなかったのか…。

決定的瞬間が撮影できたかもしれないのにね…。

思わず「何故そっちを映さないんだ…」と言いたくなる映像でしたね。

この記事を書いたユーザー

wagibank このユーザーの他の記事を見る

広告代理店に勤務している傍らフリーのライターとして活動中。職業柄、最新の話題に常に触れているため、皆さんに楽しんでもらえるような記事を作っていければなと思ってたりします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス