12月29日に2015年の締めくくりとなる最新シングルを発表したモーニング娘。'15。

グループにとって通算60枚目の記念すべきリリースにもなっているこの作品で、現モーニング娘。はなんと”全編英語詞”の新曲「One and Only」に挑戦しています。

来年で誕生20年目に突入するモーニング娘。ですが、その長い歴史を振り返っても全て外国語のオリジナルソングを発表するのは史上初の試み。なぜ今、彼女たちは英語でその歌声を届けようとしているのか?

…そこにあったのは長く続いているアイドルグループだからこそ出会えた、”あるファンたち”の存在でした。

・もともと海外にもファンが多かった日本のアイドル「Morning Musume」

1999年のLOVEマシーンをきっかけに大ブレイクし、日本でその名を広く知らしめた「モーニング娘。」。2000年代に突入した後も恋愛レボリューション21、ザ☆ピ~ス!などグループはヒット曲を連発し、その人気をさらに高めていきますが、実は彼女たちの歩みはちょうどインターネットの普及と重なるタイミングだったことに皆さんお気づきでしょうか?

2001年:日本のインターネット人口普及率 46.3%

出典 http://www.helloproject.com

(「ザ☆ピ~ス!」2001年7月25日リリース)

2003年:日本のインターネット人口普及率 64.3%

出典 http://www.helloproject.com

(「Go Girl ~恋のヴィクトリー~」2003年11月6日リリース)

21世紀に入って同じように世界的にもインターネットでの情報伝達が広がりを見せていく中、海外の若者たちがアニメや漫画に続いて知ったのは、アイドルという日本ならではのエンターテイメント文化でした。

中でも双方を強く結びつけたのは2005年にスタートした動画共有サービス・Youtubeで、当時すでに日本のトップアイドルだった「Morning Musume」の姿が日常的に届くようになると、そのインパクトは口コミで瞬く間に世界各地へと伝わっていきます。

「YouTubeで知ったよ 歌も上手だしすべてにおいて最高なんだ」

出典モーニング娘。の海外ファンへのインタビュー(2014年10月14日放送「めざましテレビ」)

「外国の文化について学ぶ授業で彼女たちを知って夢中になったの」

出典モーニング娘。の海外ファンへのインタビュー(2014年10月14日放送「めざましテレビ」)

・2008年からは海外での活動もスタート、以降交流がますます盛んに

それまで日本国内での活動をメインにしてきたモーニング娘。でしたが、海外人気の高まりなどもあり、2008年に初となる海外ライブをスタート。

これまでに台湾、韓国、上海、アメリカ、フランス、タイでそれぞれ単独ライブやイベントを成功させてきており、2015年の秋ツアー千秋楽は海外3ヶ所(台湾、韓国、香港)でも同時中継のライブビューイングが開催されました。

「「日本のアーティストはステージではプロフェッショナルなのに、いつも自然体で、そして何よりもファンのことを考えてくれる」

海外の若者たちは、こんなふうに答えることが多い。彼らは、だからアイドルたちのブログなどもかかさずチェックしている。ブログを読むために、日本語を勉強始めたという若者も多い。」

出典 http://asianbeat.com

「2008年ごろから本格的に始まった私の文化外交活動のなかでも、モーニング娘。の名前はしばしば海外の若者から出ていた。当時の私は、それを流行が遅れて伝わっているぐらいに思っていたのだが、それはまったく逆で、彼らのほうが現在を、そして未来を見ていたのである」

出典 http://asianbeat.com

ポップカルチャー研究家・櫻井孝昌さんのコラムより(2013年)

・帰国子女の新メンバーも加入し、名実ともに架け橋となりつつある彼女たちの”愛の歌”

初の海外ライブから6年後、2014年にはアメリカ育ちの新メンバー・野中美希も加わり、日本だけでなく世界のファンにも積極的なメッセージ発信を行うようになってきたモーニング娘。たち。現在NHKの海外向け音楽番組・J-MELOでも準レギュラーを務めるなど、その存在は国境を越えてより身近になりつつあります。

そんな彼女たちが歌う全編英語詞の最新曲「One and Only」は、名実ともに架け橋となりつつある彼女たちが初めて世界とそのメッセージを共有した”愛の歌”。

日本だけでなく海を越えて長年多くの人に夢を届けてきたモーニング娘。だからこそ、伝えられるようになった新たな愛の形が、そこにはありました。

「I Know we'll survive it all with you By my side,you and I」

(負ける気がしないんだよ、君と僕は)

出典モーニング娘。'15「One and Only」

出典 YouTube

…2016年には新体制の「モーニング娘。'16」として、再びアメリカでのライブもすでに予定されている彼女たち。

ここからまたさらなるストーリーが、きっと生まれていくはずです。

こちらの記事も読まれています

この記事を書いたユーザー

小娘 このユーザーの他の記事を見る

twitter→ @drifter_2181 / 1983年生まれ。北海道在住。2012年にブログ「小娘のつれづれ」をスタート、2014年からはフリーライターとしても活動。デビューから応援しているアイドルの再評価をきっかけに、新規 / ライトファンを意識したエンタメ記事を日々研究しています。

得意ジャンル
  • 音楽
  • 話題
  • テレビ
  • カルチャー
  • エンタメ
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス