大晦日といえば除夜の鐘。108回鐘を鳴らします。この意味は人間の108の煩悩を除するという意味と言う事をご存じの方は多いと思います。
しかしながら108の煩悩が何なのかという事を知っている人は少ないのではないでしょうか?その意味を説明させていただきます。
この煩悩の意味は多くの説があります。その中でもメジャーな2つをご紹介いたします。

2つの説は似ている

メジャーな2つの説は始まりが違うだけで他はほぼ一緒なのです。その有名な2つとは六根説(ろっこん)と六境説(ろっきょう)の二つです。
六根説は眼、耳、舌、鼻、身、意、六境説は色境、声境、味境、香境、触境、法境のそれぞれ6つを感覚器官もしくは感覚からなります。私的にはほぼ同じ物と認識しても問題ないと思います。

6×3×2×3=108

6×3×2×3=108と言われても何のこと変わらないと思うと思いますので詳しく解説していきます。最初の6は先ほど説明した六根もしくは六境です。次の3が状態や気持ちです。好・悪・平の3つになります。

好とは気持ちがいいとか善悪の善という意味悪とは気持ちが悪いとか善悪の悪という意味平とはどうでもよいとか善悪のどちらでもないという意味。

次の2が浄・染になります。浄が綺麗という意味で染が汚いという意味です。
更にそこに3という数字が最後に来ます。これは前世(過去)・今世(現代)・来世(未来)という意味です。
過去の欲、現代の欲、未来の欲と言えばわかりやすいでしょうか?
以上のような物を組み合わせて108なのです。

もう少し詳しく説明すると…。

なんでその数字の組み合わせなのと思うかもしれません。そこでなぜ組み合わせるかについて説明します。

煩悩は6つの感覚全てにあると考えられ、その中に好・悪・平と浄・染があるのです。そこに時間軸が加わって組み合わせるのです。

例えば、女子高生のパンチラを男性が見るとしましょう。この場合多くの男性には眼×好×染×現代となると私は考えます。好ではなく悪になる方もいますが…。その場合は煩悩にはならないので…あえてそう書かせて頂きます。別に世の男性がみんなエロいとか言っているわけでは…(略)

なぜ、眼×好×染×現代となるかというと「目で見た女子高生のパンチラをやましい心で興奮する今」目で見た=眼女子高生のパンチラ=好やましい心=染今=現代(今世)となるのです。

このような組み合わせのパターンが全部で108なので108の煩悩なのです。

その他の説

四苦八苦を取り除くという意味で4×9+8×9=108という説や1年間を表すという説もあります。

四苦八苦説はそのままですが、1年説は軽く説明させていただきます。
月(12)+二十四節記(24)+七十二候(72)=108となります。
月は12ヶ月の月で二十四節記は季節を4区分するために24の気に分ける手法です。
七十ニ候は二十四節記と一緒で季節を72に分けて季節を示す方式です。
この3つの区分けを全部足したら108なので108ではないかという説です。

余談・渋谷109は煩悩+1!?

渋谷で最も有名なショッピングビルである109にはなんと隠された意味が…。

嘘みたいですがちょっとおもしろかったので取り上げさせていただきました。

いかがだったでしょうか?

普段何気なく除夜の鐘108回を聞いていると思いますが、今年は一つづつ払われている気持ちになりながら聞いてみてはいかがでしょうか?

この記事を書いたユーザー

いつか笑って過ごせる日まで このユーザーの他の記事を見る

いつか笑って過ごせる日までと申します。 起業家でフリーライターです。政治からゴシップネタまで幅広く手掛けています。 残念ながら今はまだ貧乏人です…。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • インターネット
  • コラム
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス