どんなひとでも、自分の顔に多少のコンプレックスはあるものです。しかし人相学的に見るとそのコンプレックスが”ラッキーな人相”だったりするのです。

実はラッキーだと言われている人相をご紹介しましょう。

コンプレックスだったのにラッキーな人相だったんだ!

出典 http://www.tohko-do.com

日本で最も古い相書(人相学の本)とされるものは室町時代の天山阿じゃ(てんざんあじゃ)著の『先天相法』である。元禄時代にはアジアから大量の相書が輸入され、民衆の間に人相学が広まった。この頃から浮世絵などで人物の性格を表すのに人相学が使われるようになった。

出典 https://ja.wikipedia.org

人相学の起源は古いのですね。

大きな顔は良相

出典 http://kdownstairs.jugem.jp

小顔が美人の条件とされる現代、顔が大きいだけで肩身の狭い思いをしたいる方も多いのではないでしょうか?

人相学的に、大きめの顔はむしろ良相。顔が大きいほど相手に信頼感を与えるので、さまざまなメリットをもたらしてくれます。たとえば、自然と中心人物になれたり、リーダーに担ぎ上げられるなど、責任ある立場を任されることが多くなるでしょう。

出世には大いに役立つはずです。また、子どもの等身に近くなるため、いくつになっても可愛がられるというお得な面も。愛嬌を前面に出すようにすれば、なごみ系として愛される存在になれそうです。クールを気取るより、お茶目を目指して正解。なお、男女とも着物が似合うので、積極的に和物を取り入れるとイメージアップに効果絶大です。

出典 http://happism.cyzowoman.com

大きい顔ほど相手に信頼感を与えるのですね。着物が似合うというのでお正月は着物を着るると幸運を呼ぶかもしれませんね。

顔の左右が非対称

出典 https://locari.jp

左右で顔の形が違う人がいますよね。

一見しただけでわかるほど左右が非対象の顔の人は、総じてユニークな感性の持ち主。思考に柔軟性があり、既成概念にとらわれずに世の中を渡っていくでしょう。そのため、アーティストとして大成する可能性が大。

なかでも目もとに左右差がある人は、目のつけどころが人と違っていて、それが面白い発想につながっていきそう。また、頬やあごのラインが非対称だったり、眉や耳の高さに違いがある人は、型にはまることを嫌うので、独自の世界を追求して素晴らしいものを作り上げることも。成功を手にするためには、気まぐれなところを抑えて、集中力を養うといいでしょう。

出典 http://happism.cyzowoman.com

芸術的な感性が高いのですね。

おでこのシワ

出典 http://antiaging.akicomp.com

おでこのシワがラッキーだとは知りませんでした。

額は、自分と社会とのつながりをあらわす場所。そこにあらわれる横ジワは、手相でいうところの運命線のようなもので、運の流れや人生の開花期を告げる幸運のサイン。人相学では、この横ジワがくっきり3本揃えば、理想の人生が送れるとしています。

出典 http://free-fortune.jp

3本あるのがとてもラッキーなのですね。

おでこにあらわれる横シワは、「三紋」といって強運な人生を示唆しています。三紋は「天紋」「人紋」「地紋」の3つのシワから成り立っていて、それぞれがハッキリと一直線であるほど良相とみます。

出典 http://happism.cyzowoman.com

はっきりと一直線のシワは女性にとって辛いものですが良相だと聞くと嬉しいですよね。

コンプレックスとチャームポイントは紙一重なのですね。自分では嫌だなと思っているコンプレックスもこんな風にラッキーな人相だと言われるとなんだか嬉しいものです。欠点を前向きにとらえて長所にしていくのも素敵なことですよね。

この記事を書いたユーザー

うー このユーザーの他の記事を見る

東京が好きで、昭和が好きで、古い日本のドラマも好きで、カフェが好き。
忘れられかけている遠い記憶のことを掘り起こしています。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス