箱の中身はすっかすか!

クリスマスの季節、モールの混雑を避けるためAmazonをはじめとしたネットショップで買い物をした人も多いはず。筆者もその1人です。毎回荷物が届くと呆れてしまうのが、箱の大きさ。封筒では送れないのかなと思うようなこわれ物でもないものがダンボール箱に入って届く意味がわかりません。

そこでtwitter やInstagramで話題のハッシュタグ#Amazon,#Waste,#amazonpackagingを入力検索して、驚きの「箱の中身はなんでしょね~」的画像を集めてみました。

隅っこにちょこっとあるのが、”こわれ物ではない商品”。

これは、私も同じ経験をした、マスカラ1本でダンボール箱!商品が箱の中で動かないように詰め込まれている紙を折りたたんで捨てるのは面倒。

粘着テープがついたフック二つでこの大きさ!封筒でいいじゃん?って思ってしまいます。

え~っと、ものさしでこの箱必要?!

フライ返し一つ。

アロマオイルかな?これも緩衝材のついた封筒じゃダメ?

割れないハンドルカバーにこれだけのパッキン。

靴べら1本。

こんな大きな箱が届いたら、なんだかもしかしたらすごいものが入ってるんじゃないかと、わくわくしそうです。開けたら靴べら!自分でオーダーしていても、がっかり感ハンパない、かも。

靴下三足に、並べると2メートル以上もある空気の入った袋(緩衝材)。

ヘアゴムですよ、これ!開けるのも大変。封筒で良いじゃん。

マトリョーシカ状態。箱の中の 箱の中の 箱の中の・・・・

クラフト用の紙!

なぜ!?

メモリースティックの重量って30g?50g?梱包は300gプラス?大きな箱を使って配達すれば、トラックや飛行機の燃料もさらに必要になるわけで。

バンダナも割れずに到着ww

クッション、必要?

こちらもどう考えてもクッション要らないもの。なぜならオーダーしたのはスポンジだから!箱の中でがたがた動いて音がするのを防ぐためなのでしょうが、本当に無駄に大きい箱。

そうそう、こんなに紙が詰め込まれていますよ。本当に捨てるのも大変!

ダンボールをたたんで折って、リサイクルの日に出すのも、数が増えれば結構大変。詰め込まれた紙も伸ばして畳んで。ビニール袋に空気の入ったクッション(緩衝材)もひとつずつ潰さなくてはいけません。まあ、かつて主流だった発泡スチロールでできたポップコーンみたいな形状の緩衝材もかなり捨てるのは大変でしたから、それよりは少しはまし。

意外なことに、こんな過剰なパッキングに好意的な人もたくさん居ます。ツイッターから拾ってみました。

ヘアゴムや電池みたいなものは近所の店で買え!めんどくさがりがこんなものを注文するから無駄なゴミが出るんだ!

アマゾンの箱、猫が遊ぶのに最適。ウェルカム。

壊れないで到着したんだから、文句言うことある?壊れていたんなら文句言えよ!

大きくて長いもの、小さくて短いもの用の箱はあるけれど、小さくて長いもの、大きくて短いもの用の箱はないから仕方が無い。(この意見には納得!)

出典 https://twitter.com

もちろん、こんな風に箱に入れただけで届くと本が曲がったり、端が折れたりして到着することもあります。

どうせならこう使おう!(笑)

出典 https://twitter.com

これ、うちでも実践してます。ニャン

この記事を書いたユーザー

LittleD このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。テキサス州在住。料理研究家でフリーランスのコラムニスト

得意ジャンル
  • 話題
  • 動物
  • グルメ
  • 育児
  • 料理
  • 暮らし
  • カルチャー
  • 感動
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス