初詣でいくらお賽銭を入れる予定?

Licensed by gettyimages ®

もうすぐ初詣です。
アナタは毎年いくらお賽銭を入れていますか。

お賽銭には縁起のいいとされているものと、よくないとされているものがあります。
知らないうちに縁起の悪い賽銭を投げ入れてしまっているかも?

縁起のいいお賽銭について整理してみましたので、是非初詣の時にご活用ください。

1.とにかく5円玉をたくさん用意!

Licensed by gettyimages ®

5円玉はよく「ご縁がある」の語呂合わせから、縁起がいいとされています。
そのとおり!5円玉は縁起のいい小銭の王様といっても過言ではありません。

また、ただ5円玉を1枚入れるだけでなく、何枚も重ねて入れるとさらに縁起が良いとされています。

■1枚(5円)「五円」と「ご縁」をかけて「ご縁がありますように」という意味がある。

■2枚(10円)2枚の五円玉を重ねることで「重ね重ねご縁がありますように」という意味がある。ネガティブ意見として「ご縁が遠のく」という考え方もあります。

■3枚(15円)15円(じゅうごえん)と「十分ご縁」をかけて「十分ご縁がありますように」。

■4枚(20円)4枚の五円玉で「よいご縁がありますように」。

■5枚(25円)25円(にじゅうごえん)なので「二重にご縁がありますように」

出典 http://osaisen.jp

こ、こんなに色々意味があったとは!
5円玉の威力に驚いてしまいます。

さらに、まだまだ続きがあります。

10枚以上の5円玉を用意して行ってもいい

出典 http://osaisen.jp

■6枚(30円)「安定と調和のとれたご縁がありますように」という意味がある。「6」という数字が使われる「六角形」には、安定と調和をもたらす意味があります。

■7枚(35円)「3」と「5」で「再三ご縁がありますように」。一方で、「散々なご縁にあってしまう・・・」というネガティブな意見も。

■8枚(40円)「末広にご縁がありますように」という意味があります。(なぜかわかりません・・・)

■9枚(45円)初詣の年始から、年末までの一年間を願うという意味で、「4」と「5」を合わせて「終始ご縁がありますように」。

■10枚(50円)「五重の縁がありますように」や「10倍のご縁がありますように」という意味がありますが、この場合は50円玉一枚を使うことが多いようです。

出典 http://osaisen.jp

10枚以上の意味もあるようですが紹介していてはキリがありません。

さらにまさかの・・・

逆にイヤがらせか?まさかの5円玉の数

出典 http://osaisen.jp

97枚(485円):「四」方「八」方から、ご縁がありますように

出典 http://xn--q9jb1h685ppiekxhrmv.com

え!?97枚も用意するの無理ありすぎ!

5円玉2000枚(10000円)…円万ということから、円満に通ず

出典 http://hentekoblog.seesaa.net

2000枚ってちょっと!

とにかく5円玉はご利益があるようです。
無理せずに手元にある5円玉で自分にとって最適な枚数を選びましょう。

注意:5円玉を使って縁起が悪くなっちゃうことも

Licensed by gettyimages ®

65円:ろく(六)なご縁がない
75円:な(七)んのご縁もない
85円:や(八)っぱりご縁がない

出典 http://xn--q9jb1h685ppiekxhrmv.com

5円玉をむやみに乱用しても逆に縁起が悪くなることもあるようです。
注意が必要ですね。

2.10円玉は縁起が悪かった!?

Licensed by gettyimages ®

お賽銭に10円玉を入れる人は結構多いはずです。

ですが、10円玉は”とおえん”つまり”遠縁”、縁が遠のいてしまうという意味になるとして、縁起があまりよくありません。

■ お賽銭に10円はダメ!

10円は“とおえん”とも読むことから。“とおえん”とはつまり、“遠縁”であり、縁が遠のいてしまいます。これは恋愛成就などの縁だけの話ではなく、家族も健康も、昇進やお金などの良い話も、すべては縁が引き寄せるもの。縁が遠くなってしまっては、せっかくお参りに行っても意味がないですよね。

出典 http://notesmarche.jp

これはショック。意外に知らない人が多いです。

でも、財布の中にはいつも10円玉が入っている

Licensed by gettyimages ®

10円玉は避けろと言われても、財布の中をのぞくと5円玉がないけれど10円玉はいっぱいある、なんてシチュエーション結構ありますよね。
こういう時にどうしたらいいか。

そういうときは1円玉との組み合わせ技を使いましょう。

3.1円玉が大活躍!

Licensed by gettyimages ®

一番安い硬貨である1円玉ですが、お賽銭の際にあるととても助かる硬貨です。
なんせ、10円玉と組み合わせることで、縁起のいい数字にできます。

11円:「いいご縁」という意味
21円:すでにご縁に恵まれたカップルや夫婦で投げると二人の縁が切れないという意味でいい
31円:21円と同じ意味
41円:「よいご縁」という意味

また、日本では結婚式のご祝儀を3万円や5万円など奇数にする習慣があることからもわかりますが、奇数は割り切れない数字=縁が切れない数字です。1円を添えることで必ず奇数になりますのでそういう意味でも縁起が良い硬貨と言えます。

もちろん1円玉だけでもOK

Licensed by gettyimages ®

1円玉3枚は、「粗塩(=玉)」・「水(=鏡)」・「玄米(=剣)」の三つのお供え物の象徴。1円玉が2枚以下の場合、ある分だけでよい。2円でも1円でもそれぞれ「めでたい意味」がある

出典 http://uyopedia.a.freewiki.in

節約家の方は1円玉だけでもOK。縁起がいいです。
神様は「けち臭いやつだな」なんて思いませんからご安心ください。

4.高価な硬貨、500円玉の効果はいかに?

Licensed by gettyimages ®

硬貨としては一番大きな数字の500円玉。
初詣は奮発して500円玉を入れるぞ!と意気込んでいる人、ちょっと待ってください。

500円:これ以上大きい硬貨(効果)がない

出典 http://xn--q9jb1h685ppiekxhrmv.com

これはショッキング。せっかく奮発しても効果が得られません。
500円玉を賽銭にするとこれ以上効果が得られなくなる可能性がありますので、考え直しましょう。

5.奮発するつもりならお札を用意!

Licensed by gettyimages ®

せっかくの初詣。年初めのお参りは奮発したい!という方はお札を用意しましょう。

やっぱり1万円札は神様も嬉しい

Licensed by gettyimages ®

1万円は「まんえん」と言うことで円満に通じます。
お札をお供えするときは封筒に入れるのがいいとされます。新札を、住所の書いた白い封筒で、お供えするように入れるのが、いいそうです。

出典 http://poyorin.com

1万円札をもらえたら神様も大喜び?

11,104円…いい年でありますように

出典 http://blog.busondera.com

10000円札と1000円札、100円玉、1円4枚でできた語呂合わせ。
「今年もいい年でありますように」とお供えで来たら素敵ですね!

5000円札も縁起がいい

Licensed by gettyimages ®

5000円:千回のご縁がありますように

出典 http://www.mwed.jp

1000円札ですと、他の硬貨と組み合わせましょう。

Licensed by gettyimages ®

1129円でいい福。
4129円でよい福。
2951円で福こい。

出典 http://poyorin.com

硬貨と組み合わせて、語呂合わせを行うといいとされています。

また、1000円以上をお賽銭とするときは封筒に入れてお供えする方がよいでしょう。

6.健康を願うなら22円! 結婚を願うなら23円!

Licensed by gettyimages ®

願い事によってお賽銭の金額を変えるということもあります。

「健康」を願うなら、画数を全部足して22円!

「結婚」を願うなら、23円!

出典 http://xn--q9jb1h685ppiekxhrmv.com

健康と結婚、お願いする人も多いと思います。
是非覚えておくといいでしょう。

7.その他にも・・・

Licensed by gettyimages ®

・5円玉と同じく、50円玉も穴あきの硬貨なので「見通しがいい」とされ縁起がいいようです。

・100円玉は、「100の縁がありますように」という意味があるようです。100円玉をお賽銭にする人は多いです。縁起がいいか気になっていた人も多いのでは。ひとまず安心ですね。

25円…二重にご縁がありますように
45円…始終ご縁がありますように
55円…後生ご縁がありますように
3,181円…幸いでありますように

出典 http://blog.busondera.com

お札と硬貨を組み合わせた語呂合わせは他にもありますので、自分の気に入った数字を選ぶのも楽しいかもしれません。

まとめ

Licensed by gettyimages ®

最後に、お賽銭は「お願い料」ではありません。
日ごろの感謝の気持ちを表すものです。これだけお賽銭入れたんだから絶対お願い叶えてよ!というずうずうしい気持ちでお供えするのはやめた方がいいかもしれません。

お賽銭の金額も自分の無理のない範囲で行い、日ごろの感謝の気持ちをこめましょう。

何気ないお賽銭の金額も考えてお供えすることによって、そのきめ細やかなあなたの優しい気持ちが神様に伝わるのではないでしょうか。

この記事を書いたユーザー

PERUME このユーザーの他の記事を見る

考えさせられる話から面白い話まで…ジャンルにとらわれず自分の心に響いたことを伝えていければと思います。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • エンタメ
  • 感動
  • おもしろ
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス