結婚がうまくいかない原因は親ではありませんか?

結婚したものの、何だか配偶者と上手くいかない。そんな悩みを抱えている方は考えてみて下さい。夫婦のどちらかの親が毒親ではありませんか?

筆者は以前も毒親に関する記事を書かせて頂きましたが、久々に毒親ネタです。
誤解しないで頂きたいのは、筆者の両親は非常に温かく正義感のある両親でした、毒親は配偶者の両親です。

ところで、結婚によって初めて“毒になる親”というものを体験し、その奇妙で人として低俗な態度に驚き、相当の被害を被った訳ですが、自分の経験からあれこれネットで調べてみると、毒親がいる為に結婚を躊躇している、または結婚を考えている相手の親が毒親で迷っている、という声をかなり見かけます。

そこで、経験者である筆者が、是非とも再び書いてみようかと思い立ったのです。
実のところ我が家の場合、結婚当初から夫婦仲が理由も分からず壊れてしまったのですが、なんと原因は配偶者の毒親だったという経緯があるのです。

具体的に言うと、毒親が夫婦の間に入ってそれぞれにマイナスの情報を流し、夫婦間に溝を作っていたというのが真相です。しかも、これ、何年にも渡って気づきませんでした。
恐ろしいですよね!

結婚の際に毒親は切るべし!

何年もの間夫婦仲を壊され、離婚の話も何度も出るはめになった筆者の経験から言いましょう。
配偶者の親が毒親である場合、始めから切ってしまうことです。付き合う必要はありません。

うちの場合は、夫婦の不仲どころではありませんでした。全財産を失い、最後は温かい私の実家家族まで壊そうと企んできたんです。
しかし、これが逆効果となり、家族一丸となった私の兄弟に毒親が負けたという結末になりましたが、壊されたものや奪われたものは洒落になりません。

筆者のように、自分の両親と兄弟、親族がまともであった場合、そちらだけと付き合っていればいいのです。毒親との付き合いを悩んでいる方を見受けますが、悩むことはありません。自分の生活や、場合によっては健全な精神まで蝕んできます。

実際には離婚している夫婦も多い

毒親に育てられてアダルトチルドレンになっていたり、トラウマを抱えている場合も、未婚や離婚率は高い傾向にあるようですが、配偶者の親が毒親である場合も、やはり離婚する率は上がるようです。

実際に筆者の知人も離婚しています。知人の場合は奥様の母親が酷い毒親で、娘夫婦の家にやってきては監視したり、機嫌を損ねると家財道具を破壊していたそうです。
親からのトラウマが酷く、配偶者や子供にうまく接することが出来ないという方も良く見かけます。

結婚後も毒親との関係を続けている場合、多くが子供夫婦の生活を妨害するようです。子供の不幸は毒親にとってご馳走らしいですね。

もしも、結婚前に相手の親が毒親と分かった場合・・・
それ程の覚悟と愛情が無いなら結婚しないことが一番です!そして、結婚後に発覚した場合も同様です。覚悟と愛情の深さが及ばないと思ったら、早期に終止符を打っておくほうが良いと思います。

そして周囲の理解と応援もとても重要なものです。それ程、大変です。ええ、大変でした。今もまだまだ油断は出来ません。
実際、毒親が生きている限りは油断は出来ないのです。

まともな家とだけ付き合う

普通の常識的な両親の元で温かい家庭に育っている人なら、当然常識的な思考は身に付いています。しかし、毒親に育てられている人は、何らかの洗脳をされている場合もあります。
“親に逆らうと酷い目に会う”“親の言う通りにしないと捨てられる”といった類のものです。

親に報告を怠ったり、機嫌を損ねると不幸なことが起こるという思考になっている場合は多いようですが、本当の愛情を持った親は、子供に見返りなど求めませんし、子供を脅したりしません。

そして、そんな親こそ捨てていいのです。
配偶者がそんな呪縛からなかなか抜け出せないようであれば、尚更まともな家族とだけ付き合うようにしましょう。

毒親に育てられた人は、毒の家庭しか知らないのです。本物の温かい、愛情のある家庭に触れていれば呪縛はいつか解けます。本来の自分をしっかり取り戻せるものです。

毒親に情報を与えない

結婚自体教えないのが一番ですが、両家の問題がどうとか出てくるのが結婚の面倒なところです。筆者の実家もそうでした。きちんとした家なので。

しかし、それ以外の部分では出来るだけ毒親に情報を与えないことです。
◎住居や連絡先(知られていたら電話の拒否設定をする)
◎子供の存在(孫に近づいて来ます。最悪は孫に嘘を吹き込まれます。)
◎郵便物が来たら拒否(開封せず、『受け取り拒否』と書いた付箋紙を貼りポストへ)
◎仕事や生活の詳細(収入を当てにする毒親もいます。)
◎知人や友人に紹介しない(時には周囲を利用することもあります。)

毒親は、子供夫婦を壊す為なら、その知人にまで嘘を吹き込んだり迷惑をかけることもあります。そうやって周囲から壊していくこともあるのです。これ、実際にやられました。

勇気を持って毒親を切りましょう。
子供の幸せを考えないのは親ではないからです。

最後に!毒親を切ったら、これも重要です!!

仮に毒親との繋がりが切れ、配偶者が落ち着いてきたように見えても、親や実家を連想するようなことに触れないことです。

貰ったものは処分するのも勿論ですが、実家が遠方であれば、地元を思い出すようなものも一切遠ざけることです。程度によりますが、本当に一瞬にして毒親に支配され洗脳された時の元の配偶者に戻ってしまうことがあります。

毒親に植え付けられた傷や影響力の深さは相当のものだと覚悟しておきましょう。

参考になる書籍

この記事を書いたユーザー

石井ロージー このユーザーの他の記事を見る

音楽業界を経て、フリーのデザイナー兼ライターを生業にしております。ポジティブに解決したトラブルや実体験ネタを中心に書いています。8歳下の夫と愛犬の気ままな3人暮らし。音楽好きのゴシック好きの和服好き。オカルトも大好きでございます。好きな作家は芥川龍之介、詩人は中原中也☆

得意ジャンル
  • マネー
  • 動物
  • おでかけ
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • ファッション
  • キャリア
  • 音楽
  • 社会問題
  • インターネット
  • 広告
  • カルチャー
  • エンタメ
  • コラム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス