どんなお店でも、強盗や泥棒から守るために防犯カメラを設置していることが多いと思います。そのおかげで強盗されたときの映像が映って犯人逮捕につながるここともあるものですが、こちらの海外のタコスショップもその中の一つ。

しかし、他のお店と違ったのは…

強盗被害を逆手にとってCMにしちゃった!

米ラスベガスにある、Frijoles & Frescas Grilled Tacos(フリホレス&フレスカス・グリルド・タコス)は、なんと、その設置していた防犯カメラに強盗に入られたときの一部始終が映っていたのですが、その様子を編集してお店のCMとして使用しちゃったんです。

出典 https://www.youtube.com

2015年12月16日、深夜3:32。

こんな夜更けになにやら不審な車が停車し、怪しい男が出てきます。

出典 https://www.youtube.com

ドアを壊してお店の中に侵入しようとしましたが、それは無理だったようで別の場所から侵入。

出典 https://www.youtube.com

店内で現金など金目の物を探しまわっているのですが…

出典 https://www.youtube.com

何故かタコスのイラストを入れて、あたかもタコスを探しているかのように編集しています…。

更に字幕には、「彼は狂ったようにタコスを探しまわっている」「とにかくタコスが食べたいようだ」などのコメントが(笑)

出典 https://www.youtube.com

挙句、逃走用の強盗の仲間の車が映っているシーンでは、「ママも早くタコスが食べたいから迎えに来ちゃったぞ」という皮肉たっぷりのコメントも(笑)

出典 https://www.youtube.com

最後には、美味しそうなタコスの映像でしっかりと宣伝。

「彼らが何故こんなにもタコスを探して食べたかったのか。お店に来て確かめてきてね」なんて…これは上手いですね。

出典 https://www.youtube.com

ちゃんとWANTED的な映像も。犯人の情報を提供した人にはタコスを御馳走するそうですよ。

出典 YouTube

これは考えましたね…。

強盗に入られるという悲惨な出来事を宣伝に変えるなんて、まさに逆転の発想。これは素晴らしいですね。

個人的に凄いなと思ったのは、16日に強盗に入られたのに、翌日の17日にはこの映像がYouTubeに公開されているところ。この行動力には脱帽です。

YouTubeの動画再生数も1週間程度で260万回を超え、かなりの宣伝効果になったようです。

この記事を書いたユーザー

wagibank このユーザーの他の記事を見る

広告代理店に勤務している傍らフリーのライターとして活動中。職業柄、最新の話題に常に触れているため、皆さんに楽しんでもらえるような記事を作っていければなと思ってたりします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス