メリークリスマス!そしてお疲れさま、サンタさん。

昨晩はサンタさんになったお父さんお母さん、お疲れ様でした!

子どもたちの夢を壊さぬよう、細心の注意を払い、しかし経済的な問題や入手の困難さから、サンタさんへのお願いを軌道修正してみたり・・・おとうサンタ・おかあサンタは本当に大変ですよね。

我が家の6歳と3歳のきょうだいのところにもサンタはやってきてくれました。
喜ぶ顔が見られたのか・・・我が家のクリスマスまでのサン活(サンタ活動(笑))を漫画で紹介します。

6歳の長男はもう明確に欲しいものを決められる年齢になってきましたので、準備するこちらも楽ちん。(あとは当日まで心変わりしないよう会話や環境整備に注意。)
が、3歳の次男はいまいちクリスマスのシステムを理解していないため、希望のプレゼントを定めるのが難しかったです。

この時期は妙に勘繰ったりしてしまいます。

宅急便は便利ですが、届く時間帯に気をつけねばなりません。
そして、届く箱のサイズもある程度想定しておかないと隠す場所探しに焦ります・・・

許されるなら、本当に必要なものをあげたい!
でも、それは子どもの欲しいものではない!(笑)

サンタの目を節穴感覚で甘くみている6歳児。

いらないと泣かれました・・・

寝起きで、しかも現在イヤイヤ期を引きずっている次男、ファーストインプレッションは最悪・・・
しかし、この後機嫌が直り、嬉しそうに乗ってくれました。
ホッと一安心です。

子どもたちが大人への階段を一つ上って、サンタさんの真実に気付くときまで、おとうサンタ・おかあサンタ、がんばります!!

この記事を書いたユーザー

中村こてつ このユーザーの他の記事を見る

男の子きょうだい育児中のイラスト描き母さん・中村小鉄です。
日々の育児の楽しさ・悲しさ・切なさ・刹那さ、などを絵日記にて綴っているブログを書いています。ブログ「じごんすからのぞけば。」http://ameblo.jp/unkotetsu/

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス