たくさんの辛い想いを経験しながら別れたのに、なんだか気になってしまう元恋人の存在。
とくに次の恋へとなかなか踏み出せないような時は、寂しさも募って「”より”を戻せないかな」などと考えてしまう人も少なくないだろう。
では、実際のところ元恋人と“より”を戻したことのある恋人達はどれだけいるのだろうか。ホンネスト編集部では未婚の男女500人を対象に調査を行った。

ヨリが戻る確率は10%未満

元恋人と”より”を戻した経験について質問してみたところ、91.3%の人たちが”より”を戻したことがないという結果になった。男女別に見ても同じような結果で、男性は92.1%、女性は90.4%が元カレ、元カノと”より”を戻した経験がないということが判明した。つまり元恋人と”より”を戻す確率は10%を切る、レアな恋愛形式なのだ。

そもそもそんなに「よりを戻したくない」

元恋人と”より”を戻す確率が低い今回の調査だったが、では実際に”より”を戻したいと思っている人はどれくらいいるのだろうか。そこで「”より”を戻したいと思ったことがあるかどうか」も調査した。すると、全体では81.9%の人たちがヨリを戻そうと思ったことが無いと回答。男性も84.5%が無いと答え、女性も79.3%が無いという結果となった。男性の方が過去の恋を引きずると巷では言われているが、それは俗説の域を出ないということが分かった。むしろ、若干ではあるが女性の方が元カレと“より”を戻したいと思っている傾向にあるようだ。

調査の結果、男性も女性も”元恋人”に対してそれほど執着しておらず、別れてしまうと未練がほとんどなくなり、ポジティブに新しい恋を始めていると推測することができる。

この記事を書いたユーザー

ホンネスト編集部 このユーザーの他の記事を見る

ホンネストはオトコとオンナの本音の恋愛コラム。恋愛テクニックから恋活、婚活、デートやイベント情報など、恋愛のイマを語るリアルボイスをお届けします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス