記事提供:バズプラスニュース

2016年12月に公開予定のスターウォーズスピンオフ映画「ローグ・ワン:ア・スターウォーズ・ストーリー」(以下 ローグワン)。

「スターウォーズ エピソード3/シスの復讐」と「スターウォーズ エピソード4/新たなる希望」の間に発生したストーリーで、デススター設計図に関する内容となっている。

・世界中から大きな注目

「ローグワン」のキャストが勢ぞろいした写真が公開されて話題となっているが、そのなかに、サムライや座頭市のような人物が登場し、世界中から大きな注目を集めている。

「ローグワン」はデススターを破壊するべく終結したレジスタンスが登場するのだが、サムライと座頭市は、いままでのスターウォーズにはいなかったテイストのキャラクターといえる。

・杖の中からライトセーバーが出現

サムライが背負っている棒状の武器は、日本刀タイプのライトセーバーの可能性が高い。

また、座頭市は杖タイプのライトセーバーを持っており、普段は杖を武器として使用し、いざというときは杖の中からライトセーバーが出現するのではないかと言われている。

・座頭市の活躍を期待したい

従来の6部作にはアジア系のキャストがほとんど出演しなかったが、「スターウォーズ/フォースの覚醒」から多くのアジア系キャストが出演するようになった。「ローグワン」でも、サムライや座頭市の活躍を期待したいところだ。

出典 YouTube

出典:STAR WARS

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス