記事提供:NICOLY

くびれたウエストには憧れるけど、ご飯は我慢したくないし、わざわざ時間をとってジムに行くのもめんどくさい……。

そんな私が1か月でくびれを手に入れるために行ったのは、日々の生活にちょっとした工夫を加えること。

自分の性格に合ったダイエット法を見つければ、心も身体もポジティブになれるかもしれません。

キュっと引き締まったくびれは、女性に自信を与えてくれるもの。

逆にお腹がぶよぶよだと、身体にぴったりした服は着たくないし、水着も自信をもって着られません。

私がくびれを絶対に手に入れる!と決意したには、ダンスのイベントでお腹の見える衣装を着ることになったからでした。

でも食べるのは大好きだし、わざわざ時間をとってジムにいくのもめんどくさい……。

そこで日常生活に取り入れられる5つの工夫を1か月間実践した結果、キュッとしたくびれを手に入れることができたんです!

くびれ作りに効果的な5つの工夫

私がくびれ作りのために行ったのは、日常生活にほんの少し工夫を加えることでした。

1. とにかく腰を回す

くびれ作りに1番効果的なのは筋トレでも有酸素運動でもなく、ひたすら腰を回すことだと思います。

一時期話題になったオチョダイエットも、腰を回すことでお腹のお肉を効果的に落とす、というもの。

出典 YouTube

この動画で紹介されているオチョダイエットは腰を8の字に回す方法です。

オチョダイエットは即効性がありますが、慣れるまでに少し時間がかかるかもしれません。

出典 YouTube

そしてこの動画は、ダンスの基礎練のレッスン動画です。

3:43~から腰の基礎練を行っているのですが、こうして腰を回したり、いろんな方向に動かすだけでもくびれ作りに効果的。

オチョダイエットの手法がむずかしく感じたら、最初はただ腰を回したり動かしたりするだけでも大丈夫です。

ちなみに私はドライヤーをかけている間と歯磨きをしている間を、腰回しの時間にしていました。

2. 歩くときは腰をひねる

歩くときにできるだけ腰をひねるようにするのもくびれ作りに効果的。

右脚を出したら左肩を少し前に出すように、上半身をツイストしながら歩くんです。

少し周りの目が恥ずかしいかもしれませんが、くびれを手に入れるためならなりふりかまっていられません。

ポイントはお腹に意識を集中させること。

お腹のひねりをしっかり意識しながら歩くことで、より高い効果が得られます。

私は自己流でやっていましたが、ふつうに歩くより腰に負荷がかかりやすいので、腰痛持ちの人は気をつけた方がいいかも。

3. 常にお腹をへこませておく


「なんとなく細くなるかな~」と思って私は常にお腹をへっこませて生活していました。
これが功を奏したのか、ぽっこり出ていた下っ腹が引っ込み、見事にフラットになったんです。

実はこれにはちゃんとした根拠があります。お腹をへっこませることでインナーマッスルが自然と鍛えられんだとか。

一時期話題になったドローインダイエットも、これと同じ原理。

ドローインダイエットは、息を吸うときにお腹をへこませ、吐くときにはさらににお腹をへこませる、というダイエット法です。

常にお腹をへっこませるのなかなか難しいので、まずは息を吐くときだけでもお腹をへこますことを意識してみるのがいいかも。

4. 姿勢を常に意識


正しい姿勢を意識することも、くびれ作りには欠かせません。

普段猫背の人が正しい姿勢を意識すると、自然と下腹部に力が入るのを感じると思います。

つまり正しい姿勢をキープするだけで、お腹の筋トレになるんです。

また、美しいくびれに欠かせないのが、骨盤が正しい位置にあること。

どんなに骨盤矯正のエステに通ったり、ヨガで身体のバランスを整えても、ふだんから正しい姿勢を意識していないと骨盤はゆがんでしまいます。

私は気がつくと猫背になっていて、正しい姿勢を常に意識するのは実は苦手でした。

猫背は楽だけど、姿勢を正すとなんかキツい……。

そんなふうに思っていたのですが、キツいということはつまり筋肉を使っているということ。

知らず知らずのうちにお腹の筋トレができていたんです。

5. ウエストのきつい服を着る


あえてウエストのきつい服を着るのは、気持ちの面でダイエットに効果的。

私はよくスカートをはくのですが、楽なゴムのスカートを一切やめて、きつめのホックのスカートばかりをはいていました。

スカートがきついので常にお腹をへっこませてないといけないし(笑)、お腹がふくらんでしまうからたくさん食べれない……。(はじめのころは無理して食べて、スカートのホックをふっとばしたりしてましたが……)

スカートがちょっとずつゆるくなっていくとモチベーションアップにもつながります。

くびれダイエットの成果は......?

お腹はダイエットの効果が出やすい場所なので、1週間の努力でも変化がおきると言われています。

わたしは、1か月間くびれ作りをがんばった結果、見た目が大きく変化しました。

きちんとサイズを測っていなかったので正確にはわかりませんが、体重は4キロ減少。

食べないダイエットはしていないつもりだったのですが、お腹を意識することで自然と食べる量が減ったことが要因だと思います。

自分に合うダイエット法で、心も身体もポジティブに

くびれダイエットを通して思ったのは、姿勢や歩き方、服の選び方をちょっと変えるだけで、体型は劇的に変わるということ。

ただふだんからちょっとした動作に意識を向けるのって、なかなかむずかしいですよね。

私も基本的には怠け者なので、姿勢も歩き方も服選びも、楽な方に流れがち。

1か月間という期限つき
だったことと、衣装を着るためという明確な目標があったからこそ、がんばれたんだと思います。

もし毎日コツコツ努力するのが苦手なら、「1週間だけ姿勢を気にしてみよう」と期限を決めて、少しずつ始めてみるのもありかも。

自分の性格にあったダイエット法をみつけて、毎日少しだけ努力をすれば、人は変われる。

体型の変化が、心にもポジティブな影響を与えてくれるかもしれません。

written by 町田真琴

この記事を書いたユーザー

NICOLY:) [ニコリー] このユーザーの他の記事を見る

ダイエット、肌のトラブル、バストアップ、整形、妊活、脱毛、などなど・・、コンプレックスを解決するための治療法や体験談を毎日紹介。医師が監修しているから安心。コンプレックスで悩んでいる人を笑

得意ジャンル
  • ライフハック
  • 暮らし
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • コラム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス