プレゼントを包むのにピッタリそうな…この包装紙。上品な光沢、そして、麻紐による梱包が、並々ならぬ高級感を演出しているのですが…実はコレ。

油絵なんです。

どこからが絵で、どこからが本物なのか…

それすらわからないという…究極のハイパーリアリズムアートを制作するのは、スウェーデンを拠点に活躍する“Yrjö Edelmann”さんでして、恐ろしくリアルに描かれたこの作品は、包装紙はもちろんのこと、麻紐やテープまで全て『絵』

これはとても信じられませんよね。

ちなみに、近くに寄って見れば、どうにか油絵である事がわかるのですが…

何度見ても、脳が上手く理解しない…究極のハイパーリアリズムアート。では、更に脳が“んがらがってしまう”であろう…動く映像。ご覧下さい!

出典 YouTube

いろんな角度で見せられても、一向に理解できませんでしたが、作品に手を置いた時に、はじめて『本当に絵だったんだ。』と理解した…究極のハイパーリアリズムアート。では、Yrjoさんの作品の数々。一挙にご覧下さい!

いかがでしたか?

本物よりも本物に見える…究極のハイパーリアリズムアート。思わず見入ってしまったのは…きっと私だけじゃないはずです。

スウェーデン美術界における重鎮であり、スウェーデンでアートを志している者なら、知らない人はいないという“Yrjö Edelmann”さんの…素晴らしきアート作品。興味を持った方は彼のHP。覗いてみてはいかがでしょうか?

この記事を書いたユーザー

kota60 このユーザーの他の記事を見る

豚骨ラーメンが超苦手な福岡在住ライター。家族や友人に話したくなる…そんなネタを中心に発信していきます!

なお、記事作成後、即ツイートしますので、誰よりも早く記事を読んでくれる方!ツイッターのフォロー(@thelovedtools)宜しくお願いします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス