・・・今年も、みんな、よく集まってくれた。

毎年、立ち上がってくれて、ありがとう。

相手の喜ぶ笑顔を想像しながら買ったプレゼントは、そこにあるか?

相手が喜んで開けるラッピングはバッチリ決まってるか?

相手が喜ぶ瞬間を想像しながら、
プレゼントを渡す場面は、もう決まったか?

プレゼントを渡す日は、12月24日、25日、どちらでもかまわない。
「サンタからプレゼントが届いた」という事実さえ残せればいい。

サンタに資格はない。
年齢も、性別も、国も、肌の色も、服装も、肩書きも、場所も、関係ない。

「相手の喜ぶ笑顔が見たい」

その気持ちひとつあれば、誰でもOKだ。

よって、プレゼントにも条件はない。
高価な物、安価な物、手作り、なんだっていい。

贈る側も、贈られる側も、大人も子供も関係ない。

「サンタクロースなんていない」
なんて、つまらない大人のウソにくじけそうになったヤツも・・・
よく立ち上がってくれたな。

そうだ、「サンタはいる」!

キミたちが、その『サンタ』だ!!

もう、何十年、何百年も前から、
『サンタの精神』は、全世界の各地で受け継がれてきた!

ただ、ただ、
喜ばせたい相手がいる!

ただ、ただ、
相手の喜ぶ笑顔が見たい!

その『想い』こそが、『心』こそが、
『サンタの精神』・・・『サンタ・スピリッツ』だ!!!

おっと、興奮して喋りすぎてしまったな。

相手が喜ぶ瞬間を、ずっとずっと想像して
この日のために準備してきた、キミたち!

キミたちの『想像』が、『現実』になる日がやってきた!!!

ハッピー☆クリスマス!!!

すべての愛すべきサンタたちへ。

そして、そんなサンタに愛されているすべての人たちへ。

あなたたちの幸せな聖夜を祈る!

「メリークリスマス!」

この記事を書いたユーザー

道小島大五郎 このユーザーの他の記事を見る

芸名ではなく本名「みちこじまだいごろう」。本業は『絵描き士』。屋号は『D56』。
今までに、ありえないタイミングで笑いの神様に愛されてしまい、世界一タイミング悪い男として、自他共に認められている。ブログに掲載している爆笑エピソードは100を超えている。
http://ameblo.jp/goromichi/

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス