普段何気なく使っている言葉…

皆さんも普段何気なく使っている言葉ですが、他人に対して失礼で、汚い言葉も、その意味を深く考えずに使ってしまう時もあります。

時に、その言葉の連鎖が悲劇を招いてしまうこともあるのです…。

今回紹介するのは、女性の権利を訴えるキャンペーンに際し、ノルウェーの国際ケア機構が「言葉の持つ力」をテーマに制作した作品です。

あなたはこの動画を見て何を思う?

物語は女の子が父親に対して語りながら、動画はスタートします。

それはまだ、女の子がお母さんのお腹の中にいる時…

「パパへ」

大好きな父親に対してのお願い。

それは、父親が「男性」だからこその願いでした。

私はまだ生まれていないけど
スーパーマン以上に頑張っていることを知っている
でもお願いしたいことがあるの

出典 https://www.facebook.com

生まれる前から妻のお腹の中にいる赤ちゃんを大切にするお父さんに対し、将来生まれてくる娘からお願いがありました。

男の子に関係したお願いなの
私は女の子として生まれてくるから
つまり14歳になる頃には 
クラスの男子から「アバズレ」「ビッチ」
その他にも酷い言葉で呼ばれてる

出典 https://www.facebook.com

思春期になると男子は女子を様々な言葉でからかいます。

悪気がないことはわかっている

でも冗談として伝わらないこともある
冗談を本気にしてしまうのは
女の子じゃなくて 男の子だったりする

出典 https://www.facebook.com

冗談で言っていることはわかっています。それでも女子は傷ついているのです。

16歳になる頃には 数人の男の子に
パンツの中に手を入れられてる

出典 https://www.facebook.com

その言葉が悪い連鎖を生み、女の子が酔った状態の時を狙って下着に手をかけられたことも。そして…

21歳でレイプされてもしょうがないよね
帰りのタクシーの中で
パパが毎週水曜日に一緒に水泳をしてた人の息子に

あいつは人を傷つけるようなことばかり言ってた
全てが「冗談」だったけど
パパも笑ってた
その人の息子が私をレイプすることを分かってたら
パパは発言を注意したかも

出典 https://www.facebook.com

父親の友人の息子にレイプをされてしまいます…。その息子はいつも女性を傷つける言葉を面白がって言っていました。

父親はそれを冗談として受け止め笑って聞き流していたんですね…。

ついに彼女にも理想の男性が現れるが…

つらい経験をした彼女にも理想の男性が現れます。幸せを感じていた彼女ですが、結婚式が近づいて親戚付きあいや挨拶回りに疲れた彼に、またもや「アバズレ」と呼ばれてしまいます。

パパも中学生の頃 女の子をそう呼んだ
また別の日には 彼は私を殴る

でも世界一のカップルなはずなのにって混乱する
彼が好きでも憎くて

本当に私が悪いことをしたのか分からなくなる
そしたらある日

出典 https://www.facebook.com

彼女の身に思いもよらない出来事が起こりました。

愛しているはずの彼に首を絞められ、殺されかけてしまうのです…。

友達と家族に愛され 育ちもいいのに
こんなことになるなんて誰も思わなかった

出典 https://www.facebook.com

何も悪いことをしていないのに、どうしてこんなことになったのか、娘にもわかりません。

私からのお願い

一つの事柄は必ず別の事柄のきっかけになる
だからはじまる前に それを止めて
息子が女の子を「アバズレ」と呼ぶのを許さないで
だって違うでしょう

出典 https://www.facebook.com

全ての冗談の裏には 必ず真実が含まれているのだから

パパは私を守ってくれるわ

出典 https://www.facebook.com

父親は娘を守ってくれる存在。だからこそ、彼女は父親にお願いします。

でもね パパ
私は女の子として生まれてくる
それが私にとって1番危険なことにならないよう
最善を尽くして欲しいの

出典 https://www.facebook.com

女の子として生まれてくることが、「危険なこと」にならないように、守ってほしい…。それが娘から父親へのお願いでした。

「みんなが使っているから自分も…」と冗談で言ったつもりの言葉を間に受けてしまう人もいます。何気なく使っている言葉の持つ力を改めて考えさせられるストーリーですね…。

子どもを持つ親、そして多くの男性にも観てもらい、言葉の保つ力を再認識していただければと思います。

動画はコチラからご覧ください

この記事を書いたユーザー

白うさぎ このユーザーの他の記事を見る

芸能ニュース、芸能ゴシップ好きの33歳女性。ブログをお休みして、最近はSpotlightでの執筆にハマる日々です。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス