日本のクリスマスケーキの始まりは…

日本でクリスマスに食べられるケーキが販売されだしたのはけっこう古くて、一番はじめに売り出したのは不二家さんだと言われています。

・不二家創業の1910年(明治43年)にクリスマスケーキを販売したそうです。

不二家復刻ケーキ

出典 http://www.fujiya-peko.co.jp

今年は予約限定で、一番初めのクリスマスケーキ(バタークリーム)が販売されているそうです。

今のクリスマスケーキの飾り付けから比べると…。
とってもシンプルで可愛い。でも、明治時代の人たちにとっては「これがクリスマスケーキか!!」と珍しがられたんでしょうね。

今のクリスマスケーキはこんな感じ

一足早いクリスマス、ケーキが昼飯
by Norisa1

クリスマスケーキというと生クリームにイチゴのイメージですが、昭和30年代くらいまではバタークリームが主体で、昭和40年代くらいから普及する冷蔵庫の登場で生クリーム主体のクリスマスケーキに変わって行ったのだそうです。


※現在のスポンジにクリームを塗って、イチゴをちりばめ、可愛らしいサンタクロースの人形を飾ったり、ツリーを飾ったりしたクリスマスケーキの定番のような形ができたのは1922年(大正11年)ころと言われていて、これも不二家さんが発祥と言われています。


他の国はどうなんだろぉ?

他の国のクリスマスケーキも日本と同じように、真っ赤なイチゴがのった、生クリームタップリのクリスマスケーキ…なんでしょうか?

フランスは、ブッシュドノエル

フランス語で、ノエルが「クリスマス」、ブッシュドは「木、丸太」の意味。
で、「クリスマスの薪」の形をしたケーキがクリスマスに食べられます。

※薪の形のケーキ=キリストの誕生を祝って、幼い救世主を暖めて護るために、暖炉で夜通し薪をくべて燃やしたことに由来するとも言われているそうです。


イギリスはクリスマスプディング

ビクトリア女王がクリスマスプディングを英国王室のデザートに採用されてから、クリスマスプディングは、イギリス人のクリスマスの食卓には欠かせないデザートになったそうです。

※クリスマスプディングは、中世のクリスマスに作られた肉と果物が入ったボリッジがクリスマスプディングの起源とされているそうです。
クリスマスプディングのお味も、各家庭によっての異なるレシピがあるそうです。



イタリアはパネトーネ

干しぶどう、砂糖漬けの果皮、アーモンドなどが入った半球形のクリスマスに食べられる定番のパン。

※パネトーネはミラノ発祥の焼き菓子で、ミラノで栄華を極めたスフォルツァ公時代に貴族間の贈り物として重宝され、イタリアを代表する高級菓子としてヨーロッパにその名をしられていたそうです。



ドイツはシュトーレン

ドライフルーツやナッツが練り込まれた、砂糖がタップリとかかった菓子パン。

※クリスマスを待つ間、少しずつスライスして食べる習慣があるそうです。
そうすることでフルーツの風味が日ごとにパンに移っていき、「昨日よりも今日、今日よりも明日、明日よりも明後日…、とクリスマス当日が待ち遠しくなる」クリスマスのパンなのだそうです。



オーストリアはクグロフ

クグロフ型(斜めにうねりがある)にアーモンドとキルシュヴァッサーで香りをつけた干し葡萄をいれ、ブリオッシュ風の入れて焼き上げた焼き菓子。食べる前に粉砂糖を振りかけます。

※オーストリアのクリスマスには欠かせない焼き菓子。
ルイ16世の王妃である、ウィーン生まれのマリー・アントワネットの大好物でもあったそうです。彼女が嫁ぐ時にフランスに持ち込んだと言われているそうです。


アメリカはアップルパイ、パンプキンパイ、クッキー

意外だったのが…アメリカのクリスマスケーキは、アップルパイ。パンプキンパイ。

や、ツリーや星の形をしたカラフルな手作りのクッキーなんだそうです。

(日本のようにクリスマスケーキは食べないんですね。)

なんの抵抗もなく、クリスマスにはクリスマスケーキを食べるのと思っていましたが、国によってクリスマスの食卓にのるメイン(日本的考えでのメインですが…)のケーキが違っていたり、ケーキ自体が無かったりする。

おまけに…、ケーキはケーキでも、日本で見慣れたクリスマスケーキでは無いんですね。

なんでも、自分達と一緒と思ってはいけないけれど、

どこの国もクリスマスを家族や友人と楽しく、或いは(静かに)厳粛に迎えて、同じものを食べて、同じ時間を過ごすは、=『大切な思い出』をまたひとつ作り出してくれるクリスマスの夜は、待ち遠しいものなのだと思いました。

それにプラス、クリスマス=ケーキの固定概念を捨てれば、焼き菓子やパンもOK!手作りクッキーも下準備の作る楽しさがプラスされるから、家族全員(特に子どもさん達は、自分で作ったものがクリスマスの食卓に並んだら…そりゃ~、大喜びするんだような…準備するお母さんは大変だろうけれども、それも楽しいクリスマスの思い出ですね)を巻き込んでの楽しさも生まれますよね。

この記事を書いたユーザー

しーちゃん このユーザーの他の記事を見る

知らないことが知りたくて、メンタル、カルマ、礼法に漢方スクール…etc.とお勉強。で、ですね、人を動かしているのは無意識、でも、この無意識を味方につけるとスゴいんだ~と気づいたら…、なぜか、「えっ?!そうくるかぁ~」と、色んな場面に遭遇しれしまう…という面白いことが起こりだすのでした。

得意ジャンル
  • 社会問題
  • 国内旅行
  • グルメ
  • 暮らし
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス