猫白血病ウィルス”に感染した事によって、外出できなくなってしまった愛猫のために『元気づけよう!』と飼い主が思いついた…素敵なアイデア。それは、愛猫をファッションモデルにすることでした。

アイルランド、ドニゴールを拠点に活躍するフォトグラファー“Jason Mcgroarty”さんが、愛猫“フムス”ちゃんの病気を知ったのは、飼い始めて3ヶ月後のこと。獣医に『他の猫に伝染する可能性があるから、外出させてはいけない』と言われ、可哀想だと思ったjasonさんは、愛猫フムスを、自身の専属モデルにする事に決めます。

犬とは違い…猫は、服を着ることを激しく嫌う生き物。しかし、Jasonさんの優しい気持ちが伝わったのか、ほとんど抵抗しなかったというフムスは、メキメキとモデルの素質を発揮!そして…

今では、ポーズを決めるほどの一流モデルに。(笑)

では、優雅さと気品に満ち溢れたフムスのポートレート。一挙にご覧下さい!

いかがでしたか?

幸いなことに、現在、フムスちゃんは猫白血病を発症しておらず、そのおかげもあってか、今まで以上に、精力的にモデル業をこなしているとのことです。

飼い主と猫との深い絆を感じる…素敵なポートレート。なお、JasonさんのFacebookには、まだまだたくさん素敵な写真がアップされていますので、興味を持った方は彼のFacebook。覗いてみてはいかがでしょうか?

この記事を書いたユーザー

kota60 このユーザーの他の記事を見る

豚骨ラーメンが超苦手な福岡在住ライター。家族や友人に話したくなる…そんなネタを中心に発信していきます!

なお、記事作成後、即ツイートしますので、誰よりも早く記事を読んでくれる方!ツイッターのフォロー(@thelovedtools)宜しくお願いします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス