記事提供:しらべぇ

仕事をしていると、さまざまなビジネス用語を耳にしたり話すことがあるだろう。そんなとき、思わず不快になる用語はないだろうか?

しらべぇ編集部では、

コミットメント:約束、集中する

アジェンダ:議題、課題

スペック:能力、性能

エビデンス:証拠、確証

ウィンウィン:双方にメリットがある良好な人間関係

タスク:仕事、やるべきこと

リスケ:日程の再調整をすること

出典しらべぇ

の7つのうち、どれに不快を感じるかを複数回答ありでアンケートをとり、ランキング付けしてみた。

■男性が「ウィンウィン」より不快に感じるのは…

全国20代〜60代の1347名を対象に調査をした結果を、まずは男女別で発表しよう。若干ながら、男女差がでるようだ。

第3位「ウィンウィン」15.9%

「理由はわからないが、聞いただけで寒気がする。よく仕事できる風の意識高い奴が言ってるからかな…」(30代男性)

出典しらべぇ

第2位「リスケ」16.7%

「なぜ『予定調整しよう』と日本で言わないのか、理解できない」(20代男性)

出典しらべぇ

第1位「アジェンダ」19.3%

「もはや『どういう意味?』レベルで思考が停止する」(20代男性)

出典しらべぇ

以下が、男性編全体のランキングだ。

■女性はCMで話題のあの言葉も…

第3位「コミットメント」12.0%

「ライザップCMが耳について離れなくなった。どんなシーンで『コミットメント』を使われても、ライザップが浮かんでくる」(30代女性)

出典しらべぇ

第2位「アジェンダ」14.4%

「突然『アジェンダ』と言われてもすぐに意味を理解できない。相手にわかりやすく説明しようと配慮のない人だなと思う」(20代女性)

出典しらべぇ

第1位「ウィンウィン」15.4%

「『ウィンウィン』と言っておけば、最悪どうにかなると思ってそう。先輩の男性社員が使っていてウザかった。使う人にもよるかな?」(30代女性)

出典しらべぇ

共感できるものはあっただろうか?男女別ランクでは、「スペック」や「タスク」などはそれほど不快に思われないらしい。女性編全体のランキングは、以下のようになった。

上位の用語は無意識に使っている人も多いと思うが、異性に言うときには嫌がられないよう、注意したほうがいいかもしれない。

■学生に使うとナメられるかも!?NG用語は「コミットメント」

ちなみにだが、「コミットメント」の多用は、社会人は要注意だ!学生に聞いたところ、もっとも不快を感じるのが「コミットメント」で3割にものぼっていた。

就職活動の時期など、OB(OG)訪問などで学生相手に仕事の話をする機会もあるだろう。

そんなとき、「キミみたいな優秀な人材がウチの企業にぜひコミットしてくれたら、ウィンウィンな関係になれるぞ!」なんて、したり顔で言われたら…学生は引いてしまうかも。

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2015年10月23日~2015年10月26日
対象:全国20代~60代の男女計1,347名

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス