とある渋谷の雑居ビルに貼られた一枚の紙。ここに書かれた文章が飛び込み営業マン泣かせであると話題になっているのです。

これがその貼紙です

ハートつきの貼紙で優しい内容かと思いきや、ちょっとビックリするハードルの高い内容でした。

「飛び込み営業の方へ。ノックして入出後、一発芸をお願いいたします。ウケた場合3分間お話を聞きます。ウケなかった場合、即座にお帰りいただいております。※変に食い下がった場合、激しい罵倒を受ける場合があります」

貼紙にはこう書かれていました。

当事者の方のツイートです

ハトの真似などイマイチな一発芸ばかり!(笑)

キツイ・・・

確かにハードル高いです。

飛び込みの営業マンは、突然に訪問してきます。営業マンも仕事なので必死なのでしょうが断りづらく困っている人も多いのが現状ですよね。

「もうすぐ引っ越します」

これは断るにはいい返答かもしれませんね。

論破!

昼休みは貴重な時間です。

優しく接してしまうことも

わかります。

反響営業が出来ずらい飛び込み営業マン

頻繁にやってくる飛込み営業マン

出典 http://ameblo.jp

飛び込みの営業マンが頻繁にやってきて仕事にならないと苦言を呈するひともいます。いくら迷惑だとしても非常識な対応や無視をするのも切ないものです。

目を合わせず、絶対に笑顔は出さない。
自分が話したらもう居ないかのように振る舞えばいいんです。
相手に背を向けて備品の補充や掃除、電話やパソコンに熱中するなどをしていれば、
相手も諦めると思います。
とにかく、取り合わないんです。

しつこければ、
「これ以上続けられると業務妨害でクレームの電話を入れますので名刺だけ置いていってください」
と言えばいいのではないでしょうか。

頻繁にあるようであれば社内で相談して
「関係者以外立ち入り禁止」などの札を出すようにしてもらうなどした方がいいと思います。

出典 http://komachi.yomiuri.co.jp

強行な態度に出ればいいのでしょうが、なかなか難しいですよね。

飛び込み営業マンをやってた思い出

経験あるのですね。

雨風強いと仕事にならない

天候にも左右されますね。

仕事中や昼休みに突然やってくる”飛び込み営業マン”。高圧的な態度だったりマシンガントークを展開されるとさすがに辛いものがあります。

飛び込み営業マンを仕事にしているひとにも苦労はあるのでしょう。今回の貼紙のように
ユーモアに変えるのは楽しいアイデアですよね。

一発芸を磨いてこの会社の門戸を叩く営業マンも現れるのではないでしょうか?

この記事を書いたユーザー

うー このユーザーの他の記事を見る

東京が好きで、昭和が好きで、古い日本のドラマも好きで、カフェが好き。
忘れられかけている遠い記憶のことを掘り起こしています。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス