「俺のフレンチ」、「俺のイタリアン」などレストランに行かれた人も少なくないと思います。人気の理由は高価な食材や一流シェフの料理なのに、おいしく、安く食べられるからですが、数ある「俺の…」のレストランの中で香港にもありました‼「俺の割烹」がそれです。

出典Xiao Nan Guo Holdings Limited (Hong Kong)

伊勢海老 蓮根包み 煎り出し

 香港に店を出すのですから、フランスやイタリアの料理を出すというよりは、日本らしく香港では割烹料理で勝負です。食材の9割を日本から輸入するという気合の入れようです。もちろん香港でも、気軽に安く、おいしく食べられるというの日本と同じコンセプトです。日本との大きな違いは、日本のお店は立食だけですが、香港ではテーブル席もあること。理由は簡単…外国では立食形式に違和感を覚える人がいるという配慮からです。ただ、テーブル席の場合は最大2時間と決められています。幸い日本人は2時間食べ飲み放題みたいなシステムには慣れていますから、問題なしですね。 

出典Xiao Nan Guo Holdings Limited (Hong Kong)

日本にはないテーブル席

 「天麩羅&刺身セット」(260ドル)はエビ、野菜、茶碗蒸し、サラダ、刺身とライスか5種類の穀物が入ったごはんが付きます。野菜と刺身に関しては、季節ごとの旬の素材を提供するそうです。「伊勢海老 蓮根包み 煎り出し」(480ドル)は蓮根と伊勢海老を巧みに使って煎った料理です。ドリンクも、日本のお店らしく日本が充実しているだけでなく、お店独自のカクテルまであります。

出典Xiao Nan Guo Holdings Limited (Hong Kong)

天麩羅&刺身セット

出典Xiao Nan Guo Holdings Limited (Hong Kong)

Ore-no Sakura

 お店は香港の政治経済の中心地、中環(Central)という場所で、そこに蘭桂坊(Lan Kwai Fong)という場所があります。東京で言えば六本木です。外国人が多く、クラブ、バー、おしゃれなレストランが集まる場所としてにぎわっています。日本食が恋しくなったらここでディナーを食べて、バーやクラブに繰り出すという香港のナイトライフを味わってみるも良いかと思います。

★俺の割烹所在地:6/F., CaliforniaTower, 32 D’Aguilar Street, Central, Hong Kong
電話:+852 2328 3302
営業時間:ランチ=12:00~15:00、ディナー=18:00~翌1:00(金、土曜は翌2:00まで)

この記事を書いたユーザー

nobu takeda このユーザーの他の記事を見る

メディア業界で約20年の経験を持つフリーランス・ジャーナリストです。政治経済からスポーツ、グルメ、エンタメまで広くカバー。香港との関わりは2001年から。10年前からライフスタイル・ブランドLiucia(www.liucia.com)を共同で立ち上げ、経営もしています。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス