クリスマスも過ぎ去り、すっかり街は年末ムード一色に。この時期は、まとまった休みが取れることもあり、帰省する方も多いことでしょう。

普段、両親や祖父母になかなか会えないと思いますが、せっかく帰省したときには、日頃の感謝を伝えたいもの。そこで今回は、トヨタが制作した、「ちょい孝行プロジェクト」の動画をご紹介したいと思います。

こちらのプロジェクトのコンセプトは、「親への感謝をちょっとしたアクションで伝える」というもの。仰々しい孝行は気恥ずかしくて難しいかもしれませんが、これなら誰にでも出来そうですね。その内容とは?

第一弾 母に感謝を伝えるマッサージ

出典 http://lo.ameba.jp

第一弾は「母にマッサージ篇」です。娘が離れて暮らす母へ感謝の思いを込めたマッサージをプレゼントします。

出典 http://lo.ameba.jp

「なんか…緊張します…」と、母の元へ向かう車の中でうつむきながら話す娘さん。

母子家庭で育った彼女ですが、幼稚園から高校を卒業するまでの15年間、休むこと無くお弁当を作り、学校行事にも必ず参加してくれていた母に感謝の気持ちを伝えたいと思い、この親孝行を思いつきました。

出典 http://lo.ameba.jp

家に着くと、今まで育ててくれた感謝の気持ちを込めて、優しく母を労りながらマッサージ。

上手にマッサージできているか心配そうな表情を浮かべる娘さんですが、彼女の優しさが母にしっかりと伝わっているようで、母は「気持ちいい」とポツリとつぶやきます。

出典 http://lo.ameba.jp

マッサージが終わると母は、「(気持ちよくて)このまま寝そう」と娘にねぎらいの言葉をかけ、ここでようやく娘さんもニッコリ。

母親へのマッサージは無事大成功を収めました。

動画はこちらから

出典 YouTube

距離が近い親子だからこそ、恥ずかしくてなかなか伝えられない感謝の気持ち。

しかし、勇気を出して行動に移すことで、さらに親子の絆が深まるということを改めて教えてもらいました。

第二弾 祖母と思い出のモーニングを食べに行く

出典 http://lo.ameba.jp

そして第二弾の動画は「祖母とモーニング篇」です。

小さい頃に、一緒にモーニングを食べに行った思い出の場所へ、お孫さんがおばあちゃんとふたりで出かけます。

出典 http://lo.ameba.jp

「おばあちゃんよりも…自分の方が緊張しちゃいますね」とハニカミながら語るお孫さん。

家族で一緒に食事をする機会もすっかり減ってしまったので、小さい頃に毎朝通った喫茶店のモーニングに、自分からおばあちゃんを誘いたいと、この孝行を思いつきました。

出典 http://lo.ameba.jp

「コーヒーに行こう」とおばあちゃんを誘いだすお孫さん。おばあちゃんは状況が理解できず、戸惑いの表情を浮かべますが…

出典 http://lo.ameba.jp

朝食が届くころにはすっかり緊張が解けた様子で笑顔を見せるお二人。

お孫さんから、「いつもお世話になっています」と感謝の言葉を受けると、おばあちゃんも「うれしいよ、ありがとう。また連れてきてちょうだい」と最高の笑顔を見せてくれました。

動画はこちらから

出典 YouTube

大人になったお孫さんと思い出の場所へ出かけるというのは、お孫さんの成長を実感するとともに、あの頃一緒に来た記憶も蘇り、おばあちゃんにとってかけがえのない思い出になったことでしょう。

第三弾 孫から送る、涙のサプライズプレゼント

出典 http://lo.ameba.jp

そして最後を飾る第三弾は、「孫からのプレゼント篇」です。

息子さんとお孫さんからおじいちゃんへ、感謝を込めたプレゼントを贈ります。

出典 http://lo.ameba.jp

父と一緒に居酒屋を営む息子さん。料理を一からみっちり教えてくれた父に感謝の気持ちはあるものの、四六時中顔を合わせているので、恥ずかしい気持ちが先に立ち、なかなかそれを言葉にできませんでした。

そんな彼は、父がお孫さんとの時間を大切にしているのを見て、今回息子さんと一緒に父に似顔絵をプレゼントすることを思いつきました。

出典 http://lo.ameba.jp

一緒に営む居酒屋に向かった息子さんとお孫さん。

「(いきなり)どうしたの?」とおじいちゃんが聞くと…

出典 http://lo.ameba.jp

息子さんとお孫さんから、内緒で描いた似顔絵がプレゼントされます。

出典 http://lo.ameba.jp

「ありがとう」と、ちょっと照れた表情を浮かべつつ涙ぐむおじいちゃんの表情は、幸せそのもの。

見ているこちらまで幸せが伝わってきます。

出典 YouTube

プレゼントをもらったおじいちゃんだけでなく、息子の成長を目の当たりにしたお父さんも嬉しそうです。親子三代にわたる、「ちょい孝行」ができましたね。

いかがでしたでしたか?

どの「ちょい孝行」も決して難しい訳ではなく、ほんの少しの勇気があれば出来るものばかり。

両親や祖父母はいつまでもいる訳ではありません。この年末に帰省する方は、日頃の感謝の気持ちも込めて、ぜひこの「ちょい孝行」を行ってみてはいかがでしょうか?きっと素敵な思い出となるはずです。

また、今年9月に公開され、500万回以上再生された「親子に同じ質問をしてみた」篇も合わせてご紹介します。

「親が愛してくれたように、あなたは親を想っていますか?」をコンセプトにした、「ちょい孝行」とはまた趣の違った一本となっていますので、まだご覧になっていない方はこちらもぜひご覧下さい。

出典 YouTube

この記事を書いたユーザー

Spotlight編集部 このユーザーの他の記事を見る

Spotlight編集部の公式アカウントです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス