記事提供:カラパイア

誰でも簡単に画像の加工ができるようになったことで、ねつ造された写真が大量に出回るようになった。人は信じたいものを信じる傾向があるので、そういった写真でもツボをついてくるものは一気に拡散されていくこととなる。

ただ単に画像を加工されたものもあれば、画像は本物だがそのストーリーが作り話の場合もある。かつて加工されたものが、今年になって急に広まっていったものもある。

1. ナショナルジオグラフィック、カメラマンの舞台裏

ちょっと笑えるが、本人たちにとっては笑えない場面だ。だがクマがストックフォトから入手されたことは明らかだ。頭と右腕の前の草の形にお気づきだろうか?並べてみれば一目瞭然だ。撮影者のティム・スパークス氏もツイッター上でその事実を認めている。

2. NASAが上空から撮影したディーワーリー祭の様子

インドの新年を祝う“ディーワーリー”をNASAが上空から撮影したとされたもの。初出は2012年だが、未だによく見かける。実際はアメリカ海洋大気庁が2003年に撮影したもので、あまり鮮やかではない。彩色は人口の増加を示すものであるそうだ。

3. 水面に軌跡を残して流れる流れ星

素晴らしい光景だが流星ではない。これは2010年に打ち上げられたスペースシャトルを2分かけて露出したものだ。打ち上げの軌跡が水面にくっきりと映っている。

4. 核実験場付近で自転車をこぐアインシュタイン

馬鹿げた写真なのだが、大勢の人々が本物だと信じてしまった。そして核の冬を生き抜くゴキブリのごとく、この画像も消えることがない。だが、真っ赤な偽物だ。

5. 1988年に訪露したロナルド・レーガン大統領を、観光客を装って監視する若き日のプーチン大統領

プー様マニアの私もうっかり騙されてしまったこの写真。プーチン大統領が元KGBのエージェントだったことは有名だ。

1988年にモスクワを訪れ、少年と握手を交わそうとするレーガン大統領の側にいる観光客風の青年が若き日のプーチンであるとして出回った写真なのだが、当時のプーチン大統領はドイツのドレスデンに駐在していたので本人であるはずがないという。

6. 珍しい日本の女武者の写真

1870年代に撮影された女武者と噂されたが、実は歌舞伎役者なのだという。この写真は2012年にオークションに出品された。

7. 月から見た1968年12月24日の“地の出”の光景

1968年12月24日、アポロ8号の乗組員は見事な光景を写真に収めた。暗闇の中に浮かび上がる月から見た“地の出”の瞬間だ。これは別の天体から地球を撮影した初めての写真である。

2013年、NASAはコンピューターによって当時の宇宙飛行士が眼にした光景を再現してみせた。それ以来、その画像が本物として出回ったが、本当の本物はモノクロ写真である。

8. 1993年、ネバダ州の砂漠に生き埋めにされた2名

不幸にも生き埋めにされた人の遺体ではない。本当は2007年にイタリアのマントヴァ郊外で発見された6,000年前の人骨だ。

調査によれば、2人とも20歳未満の若者で、抱き合っていたことから恋人同士だと考えられている。2人に何が起きたのかは分からない。確かなのは、90年代に生き埋めにされた犠牲者ではないということだ。

9. 贈り物のセーターでオシャレしたペンギン

オーストラリアの老人がペンギンのためにセーターを編んだという心温まる話が話題となった。フィリップ島のペンギンの写真とともに、この話はネット上に拡散されたが、実は嘘だった。

写真はペンギン基金のフェイスブックページが出どころで、おもちゃのペンギンとはっきり言及されている。なお、セーターは2000年の原油流出事故のとき、ペンギンが油まみれの羽毛を舐めて、原油を飲み込んでしまうことを防ぐために作られたものだ。

10. ベネチアの運河を泳ぐクジラ

これはアーティストのロバート・ジャンズ氏が作成した合成写真だ。ロマンチックな作品だが、本物ではない。

11. 宇宙から見た地球の最高峰

ツイッターで拡散されたものだが、画像加工されている。2006年、クリストフ・ハーマン氏が作成したもので、名作ゲーム『ミスト』を彷彿とさせる。

12. 真珠湾攻撃を生々しく記録した貴重なカラー写真

これは2001年に公開されたベン・アフレック主演の映画『パール・ハーバー』の宣伝用写真が出どころだ。

13. 霜だらけになってしまったアラスカアマガエル

可愛らしい写真だが、実はアラスカアマガエルという種は存在しない。おそらくは陶器製の飾りだと思われる。霜は付いていないが、これに似たモデルをどこかで見たような気がする…残念ながら思い出せない。

14. オーストラリアから見た満月

珍しい動物、壮大な日没、満天の星空など、オーストラリアには自然の驚異が満ちている。だが、オーストラリアで撮影したとされるこの写真はフェイクだった。そんなの一目で分かるだろうと思われるかもしれないが、信じた人はたくさんいた。

15. 捨てられたピアノを突き破って伸びた木

木はこんな伸び方はしない。どうやら、ピアノはジェフというアーティストが設置したものだ。ジェフ氏によれば、ピアノを置いていいか木々に話しかけて許可を取ったらしい。そして、ついに1本の木から許しを得たので、さっそく計画を実行したとのことだ。

16. ドバイに浮かぶスーパームーン

ビルの上に乗せられたかのような月だが、実際の月はずっと離れた位置にある。また、大きさも小さい。いい写真だったので、いじってみたくなったのかもしれない。

17. 1940年代に撮影された、ドイツ軍Uボートのすぐ横を泳ぐ古代のメガロドン

1,800万~150万年前に生きていたメガロドンは、現生するホホジロザメの近縁と考えられている。2014年にディスカバリーチャンネルでメガロドンが特集されたことにインスピレーションを受けたのかどうかはわからないが、このようなフェイク写真が作られた。

18. 空を舞う龍のような雲

クラウドドラゴンだなんて格好よすぎる。が、母なる自然もそこまでのサービスはしてくれなかった。StrixCZ氏による作品だ。

19. 約1万mの上空から撮影した日食

2010年、Nethskieによってコンピュータ生成された画像だが、ツイッターで拡散され、多くの人がこれを本物と信じて壁紙にした。

20. 捨てられた新生児を救った犬

森の中に捨てられていた生まれたばかりの赤ちゃんを野良犬が救ったとして、2014年3月頃からネット上で拡散された写真だ。だが、捨て子事件は起きていない。

だがこの写真自体は作られたものでなく、普通の赤ちゃんと、それに寄り添う犬の姿である。それだけでも十分美しいものだったのに、偽のストーリーがつけられてしまったようだ。

21. 世界で最も幸せな象

この象はディズニーランドのジャングルクルーズで使用されているロボットだ。幸せそうに見えるのは、ディズニーがそう作ったからだ。だが、これを見る私たちは幸せを感じるはずだ。

22. 子供を守るハイチの女性

これは2013年の映画『クリスト・レイ』の一場面だ。2014年5月に拡散されたが、ここ数ヶ月でまたもや有名になった。今年の夏、ドミニカ共和国は厳格な移民制限法を施行し、難民は苦境にさらされている。だが、この写真自体は、現実とは何らの関係もない。

23. 噴火によって発生した稲光り

BBCは世界で最も信頼の置ける情報源だろう。だが、この動画のおかげでその評判が揺らぐことになった。

今年、あろうことか番組のプロデューサーが2011年に撮影された映像に雷を合成し、「まるで動く絵画にも見える、嘘のような雷だ」と説明してみせた。もちろん、そう見える。偽物なのだから。

24. コカコーラの広告

コカコーラの宣伝ではない。妙なことに、これは広告自体の広告なのだ。「歴史上の野心溢れるリーダーたちが挫折したこの世界で、いかにコーラは成功したか?それは正しい武器を持ったこと。すわなち広告だ」、これがキャッチコピーである。

フォントから判断すると、1980年代の業界誌が出どころのようで、リチャード・グループというテキサスの広告代理店が作成したものらしい。

25. 子猫のお友達を救ったアライグマ

大の仲良しの子猫を助けて、飼い主の元に届けてくれたアライグマ…こんなことがあれば、あなたはアライグマの人間性というか、アライグマ性への信頼を取り戻すことだろう。

だが、残念ながらこれも作り物で、2010年にはすでに存在した写真である。ちなみにアライグマは相当に気性が荒いそうなので要注意だ。

出典:factually

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス