記事提供:東京都議会議員 おときた駿 公式サイト

こんばんは、おときた駿@ブロガー都議会議員(北区選出)です。

様々な条例案が議決された定例会最終日に、もう一つコンテンツがありました。4年に1度の「東京都選挙管理委員」の選出(選挙)です。

出典 http://itoyohei.com

選挙管理委員は正規の委員が4名、補充員が4名の計8名で、任期は4年間。その間に東京都で行われる各種の選挙が適正に運営されたか、管理・審議をしていくのが主な役割になります。

細かくどんな職務をしているのかは図りかねますが、実務は自治体職員がやっているわけですから、選挙管理委員そのものは各種の選挙に「お墨付き」を与える、いわゆる非常勤の「名誉職」に近いと言えそうです。

そんな彼らに支払われる報酬は、東京都では

委員長:月額523,000円
委員:月額429,000円
補充員:日額26,200円

となっておりまして、かなりの高額です。この選挙管理委員、多くの自治体でその約7割を議員OBが務めている実態が知られています。

<にっぽん再起動>23区議OB選管委員へ“天下り”引退後の食いぶち?

(少し古い記事ですが…)

「選挙を管理・審議するのだから、選挙に一番詳しい『元議員』がふさわしい」

という理屈はわからないでもありませんが、それにしても委員の中にせいぜい1人か2人いれば十分です。他は公職選挙法に詳しい学者や、弁護士などの有識者を選ぶべきだと思います。

彼らの任期は4年のため、私にとっても最初(で最後?)の選挙管理委員の選挙となったのですが、東京都では選挙の前に各会派が候補者を「推薦」する仕組みになっています。

自民党・公明党・民主党・共産党の大会派4つが候補を提示しまして、候補者は総勢10名。なんとうち8名が都議OBでした(残り2名は警察OB)。

高額報酬をもらう選挙管理委員のポストが、実際には議員OBの天下り先になっているかのような状態は、果たして都民感覚として認められるものでしょうか?

本来であれば我々も独自の候補者を推薦するべきでしたが、この各会派からの「推薦」というシステムを事前に上手く把握することができず、擁立が間に合わなかったため、当日は抗議の意を込めて「白票」という選択をいたしました。

結果は8名中6名に都議OBが当選。やはり慣例通り、7割弱を都議OBが占めることに…。

結果は変わらなかったとしても、候補者を擁立すべきだったと思います。この辺りは、議員キャリアの短い我々の未熟さ故の失態でした。申し訳ない限りです。

議員生活を続ければ続けるほど、こういった理不尽な「慣習」の数々に直面します。議員をやっていなければ、知るよしもないことばかりです。

兵庫県議会でも改革派のかしのたかひと県議が、突然の展開にやはり同様に「棄権」という選択で意見表明をしていました。

選挙管理委員の選挙…不本意ながら「退席」しました

もちろんメディアによる報道も重要ですが、われわれ議員の立場からも気づいた点をこのように広く周知し、世論を喚起させて変革の気運を醸成していきたいと思います。

それでは、また明日。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス