記事提供:長谷川豊 公式ブログ

軽減税率について。

残念なことに、表面上だけの見識不足の論調が(特にネット上を中心に)目立ちます。軽減税率に対する議論は世界でもとっくの昔にされつくされていて、確かに軽減税率って…けっこう「文句をつけやすい税システム」なんです。

なので…知識人ぶって、政府に文句言うことで満足する軍団は、何とでも言いやすいんですよね。

でも、僕のブログ読者の皆さんは、軽減税率は当然で普通のものだと思っておいてください。それで問題ないですから。

中には「軽減税率は逆進性の緩和には意味がない!」とか「むしろ世界では金持ち優遇と言われてて~」とか頭悪すぎることを言ってる人もいたり

「一律還付方式(カナダ方式)の方がいい!」とか言ってる人がいるようですが、ほっといてください。

もうね、語りたくてしょうがないんでしょうね。

特に「むしろ世界では金持ち優遇と言われてて~」の方は正気か、こいつら?という感じ。そういうことを言う人はほっといてください。

自分の論を正当化するためのありえないグラフとかを使いながら、語ってるみたいですけど、

ちなみにブロゴスでは「消費税増税時における低所得者対策としての軽減税率について」というエントリーがあって、英国在住のabz201さんが書いているんですが、その中で完全論破しています。

詳しい解説が読みたい人は読んどいてください。僕は面倒なのでほっときます。

で、「カナダ式」の方も、世界ではとっくの昔に議論がされつくしていて、なんで世界でそれほど導入されていないのかっていうと「消費の質」の議論があるからなんですね。

これは、あまり言われていないので少しだけ解説しときますね。

カナダ式は「なにに使ったか?」という議論があるので導入されにくい

軽減税率だと、現場が結構大変だったり、商品の線引きが大変なので、カナダは低所得者に対して一定額の還付を行うシステムも使っているんです。

これだと、貧しい人たちにも統一してお金を還元できるので、「お金持ち優遇(逆進性)」の緩和には確かに一定の効果があるんです。

でもね、そこで議論になっているのが「消費の質(何に使ったか?)」の話。

分かりやすく言いますね。超金持ちがいるとするでしょ?ソン君っていう金持ちがいて、もう、アホみたいに金持ち。で、ハセガワ君っていう貧乏人がいた、と。

ソン君は年収1億円。ハセガワ君は年収200万円。

じゃあカナダのように消費税をみんなから「一律で」10%取って、貧乏人のハセガワ君に12月に一括還付ということで5万円をあげました、と。

平等に見えるじゃないですか?それで良さそうじゃないですか?

でもね、考えてほしいのです。もしソン君が、年収1億円から4000万円ほど所得税に取られるとするでしょ?

残った6000万円を貯蓄に回し、ソン君、スーパーで買った安い食材でつつましやかにお料理をして…毎日、爪に火をともしながら生活してたとします。酒なんて一滴も飲まずに。

その一方で、ハセガワ君、所得税は20万円ほどしかとられない。

でもハセガワ君、超浪費癖があるので、残りの180万円を使ってパチンコに行くわ、パチンコで勝った金を使って酒を浴びるように飲むわ、大勝ちしたら、即キャバクラ。消費者金融に金を借りまくって、競馬に突っこんだ、と。

そんな二人に対して…ソン君に「お前、金持ちだろうが!」と全然還付金がいかないのに、ハセガワ君にだけ一律で5万円が支給って変じゃね?

これがいわゆる「消費の質」の議論。

ソン君って、そもそも4000万円も支払ってるんですよ?ハセガワ君、国に20万しか払ってないのよ?なのに、ソン君ばっかし不利益ってどうなのよって話。

もともと「収入」に対しては所得税が課せられているんです。ソン君もハセガワ君も、所得に対しては納税してるでしょ?金持ちのソン君、ちゃんと税金たくさん払ってるでしょ?

でも「消費に対して」税金をかけるのであれば、それは「ゼイタクする人にはたくさんの税金をかけようよ」「どう使ったか(消費の質)によりましょうよ」ってのが世界的な常識。

「入ってくる方(収入)にすでに大量の税金がかかってるんだから、出ていく分(消費)には、ゼイタクな使い方に税金をかけていこうね」ってね。

アホでもバカでも、低所得者には一律で金を施しましょう~ってのは、そもそも世界的にはスタンダードではないんです。世界の付加価値税や軽減税率の話は、各国でとても議論がなされてここまで来ています。

なので、僕はずっと「安心してください。軽減税率は普通の納得できる税システムだから」と言い続けているんです。ネット上で文句ばっか言ってる人は全部無視してください。どうせ、5年後には誰も文句言ってないから。

新聞のからくりに気付いているのは木走さんのみ

さて、そこで多くの方にご質問をいただいた「新聞への軽減税率」の話。

あれはですね、もう一度言いますが、新聞に軽減税率をきかせるなんて世界的にはいくらなんでも常識だし、これで普通なんです。

でも、この政府税調が決めた「あるルール」にはトリックがあって、それをまさに大阪でキャスターを務めている「ニュースリアル」でも解説しておいたのですが…

なんと!僕も大ファンでブロゴスでも人気の執筆者、木走正水(きばしりまさみず)さんが

大読売や聖教はオケー、日刊ゲンダイやしんぶん赤旗(日曜版)はダメー~「宅配される週2回以上発行」の絶妙な線引きを見よ

というエントリーで、その内容を先に書かれてしまった!!

相変わらず見事な解説をしているので、そちらを見ておいてください。ほんと、以前書いたことがあるのですが、誰なの?この木走さんって??

いつも尋常じゃない洞察力なんですけど…。とても素人とは思えん。「宅配される週2回以上発行の新聞」ってだけでよく気付くなぁ…。マスコミ内部の人なんじゃないの?(知らないけど)

これはですね、要は「共産党と日刊ゲンダイへの嫌がらせ」だと思っておいてください。共産党はですね「新聞赤旗」っていう新聞を発行しているんです。これが共産党の超優秀な収入源になってるわけ。

で、多くの人が知らないですけど、新聞赤旗って「毎日購読」ってのもあるんですけれど、「日曜だけ購読」ってのがあるんですね。日曜版とかいうやつ。

補足説明をしておくと、ウィキペディアとかも数字が間違っていて、正確には、今の新聞赤旗の全購読者数は124万部ほどです。で、そのうちの6分の1が「毎日購読」ね。

逆に6分の5…つまり、100万部以上が「日曜版」なんです。

自民党は、ここを叩いたの。

共産党の重要収入源である週一回発行の「日曜版」。これに軽減税率を適用させないことで、嫌がらせをしたわけです。ようやるわ、という感じ(笑)。

安倍批判大好きな日刊ゲンダイも同じです。東スポさんや夕刊フジさんはネット収入がどんどん増加しているんです。東スポさんなんて、ネット戦略が大成功中。

でも日刊ゲンダイさんはその分野でちょっと置いて行かれていて、現在売り上げの95%を「即売」っていうんだけれど、駅売りとかコンビニの売り上げで賄ってるわけです。少々ダメージがあるかもしれないですね。この2紙は(苦笑)。

【結論】

さて、ハッキリ言って申し訳ないのですけれど、この軽減税率の話なんて大した話じゃありません。安保の時も言ったけれど、マスメディアが数字取れそうだから騒いでるだけです。

そう言えば、「財源をどうするんだよ~」とか抜かしてた人もいました。そこまで考察できないなら、ブログとか書かなきゃいいのにね(笑)。もしくは名前の横に「財務省に絶賛洗脳され中」とか書いとくとか。

あ、テレビでもバカメディアが言ってたか。財源がないなら、お年寄りに3万円支給なんてできるわけないでしょうに。

1日で出てきたよ(笑)?その程度のお金。

日本は早晩、世界各国と同じように、消費税を20%や25%に上げなければいけなくなります。借金が多すぎるんだから。その時に、この軽減税率の概念は大きな働きをするようになります。

今は8%とか10%だからどうでもいいレベルの話です。軽減税率の話は、今はまだ、その布石程度の話だと思っておいてください。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス