記事提供:バズプラスニュース

2015年12月18日から公開されているSF超大作映画「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」。その劇中に惑星タコダナ(Takodana)が登場するのだが、その惑星名の由来が、日本国東京都の地名、高田馬場が由来なのをご存知だろうか?

・監督自身が来日した際に明言

J・J・エイブラムス監督が日本を訪れた際、高田馬場付近のホテルに宿泊。その地名を惑星名として使用したのだという。

これは監督自身が来日した際に明言しているもので、公式設定である。高田馬場が由来なら「タカダノ」とするのが自然だが、発音的に「タコダナババ」に聞こえたのかもしれない。

・チュニジア由来の名称が多い

ちなみに、スター・ウォーズシリーズの地名は、実在する海外の地名が由来のケースが多く、砂漠の惑星タトゥイーンは、チュニジアの地方都市タタウィンが由来である。スター・ウォーズの撮影がチュニジアで行われたため、チュニジア由来の名称が多い。

・地名から新たな発見が得られる

日本由来の名称もあり、たとえばジェダイは時代劇が由来になっているのは、あまりにも有名である。

過去作品も含め、スター・ウォーズの地名や用語を深く調べていくと、新たな発見が得られるはず。映画を観たあと、いろいろとチェックするとおもしろいかもしれない。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス