高齢化社会が進みつつある日本。

65歳以上の運転免許保有者数は、年々増加する傾向にあり、
高齢者ドライバーの運転による交通事故の問題は、
もはや社会問題のひとつとなっています。

中でも、
高速道路を逆走してしまった運転手の7割近くは高齢者といいます。

国土交通省も、
2020年までに逆走事故を撲滅することを目指し、
警察や自動車メーカーなどと連携して対策を講じているそうです。

しかし、対策が行き届いていないのが現状

先日も、静岡県で
68歳男性が高速道路を逆走するという事例が発生。

また、今年7月には
東名高速を逆走した軽乗用車とオートバイが衝突し、
2人が死亡する事故が起こるなど、
対策が十分に行き届いていないのが現状です。

そんな中、シニアカーで道路を逆走するおばあさんが目撃される

Licensed by gettyimages ®

現場は、片側二車線の比較的大きな道路。

助手席に座っていた画像の投稿者は、
危ないと思ってついカメラを向けてしまったそうです。

実際の画像がこちら

出典 https://twitter.com

我が物顔で追い越し車線を
シニアカーで逆走してしまっているこのおばあさん。

昼だから比較的避けやすいものの、
これが夜だったらと考えたら身の毛もよだってしまいます。

しかも、画像の撮影者がおばあさんを発見した時は、
車線のど真ん中を走っていたようです。

その後、走ってくる車を見てさすがに危ないと思ったのか
追い越し車線の端に寄ったそうです。

Twitterでは大きな反響が寄せられる

この画像を添付したツイートは、
投稿されて1日で約2000RTを記録。

非常に大きな反響が寄せられました。

シニアカーの逆走は全国各地で目撃されている模様

出典 https://twitter.com

Twitterでは、
シニアカーが逆走している光景を見たという声が多数あがっています。

そこで、ツイートをいくつかピックアップしてみました。

カーブを曲がると
逆走してくるシニアカーが出現…
考えただけで恐ろしいですね。

どうやって山道に…
もしかすると、近所の方だったりするのでしょうか。。

下道だけでなく、高速道路にまで…

いざという時のためにも、安全運転を

こういった場面にでくわしてしまったら、
冷静かつ瞬間的な判断が求められます。

いざという時に慌てることなく対応するためにも、
普段から車間距離をきちんと取り、
安全運転を心掛けるようにしましょう。

この記事を書いたユーザー

Edoward31 このユーザーの他の記事を見る

まだまだ初心者ですが、よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • グルメ
  • おもしろ
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス