1999年にCDデビューし、現在に至るまで、音楽界の第一線で輝き続けている女性シンガー・Crystal Kay(クリスタル・ケイ)さん。

彼女といえばこれまで17thシングルの「恋におちたら」がヒットソングとして有名でしたが…この2015年、実は新たな代表曲が誕生しようとしています。

【何度でも / Crystal Kay】

出典 YouTube

2015年に発表された新曲『何度でも』。10月期のテレビドラマ「オトナ女子」で挿入歌として流れたことをきっかけにその知名度が上がりはじめ、先行配信が始まった11月に各配信サイトでいきなりヒットを記録。

特に音楽配信サービスのレコチョクでは12月に入ってからも連日トップ3をキープし続けており、年末に向けさらにその人気が高まりつつあります。

出典 http://recochoku.jp

12/19付け レコチョク J-POPデイリーランキング

…なぜ今、彼女の作品は新たに多くのリスナーの支持を集めているのでしょうか?

【Crystal Kay『何度でも』が新たなヒットソングになりつつあるその理由とは】

SNSでも多くの言及が見受けられる『何度でも』。

やはり目立つのは、女性からの共感コメントがとにかく多いこと。「頑張ろうと思えた」「前向きになれる」、また中には「心に響いて泣いてしまった」という人も。

なぜ『何度でも』は女性たちのハートをつかんで離さないのか?

…それは作詞作曲にも参加しているCrystal Kayさん自身もまた、彼女たちと同じ”オトナ女子”であるから。

わずか13歳でCDデビューし、色んな人生経験とともに年齢を重ね、現在29歳になったCrystal Kayさん。彼女はこの曲の発表にあたり、こんな思いを語っています。

「実は今回の楽曲は、私自身がデモ音源を作るところから制作に関わって、歌詞に関しても、タイトルでもありサビで繰り返す「何度でも」というフレーズはデモの段階から入れていたものだったので自分でも大変気持ちが入った作品になっています。」

出典 http://www.fujitv.co.jp

「この楽曲はドラマをご覧になる皆さん、特に日々うまくいかないことがあったり、不安や悩みを抱えたりしながらも、毎日頑張っている「オトナ女子」の皆さんへの応援歌になっています」

出典 http://www.fujitv.co.jp

…今の彼女だから生まれた名曲、『何度でも』

デビューから16年、素敵な大人の女性に成長したCrystal Kayの歌声は、今後さらに多くのリスナーへと、その感動を伝えていくことになりそうです。

こちらの記事も読まれています

この記事を書いたユーザー

小娘 このユーザーの他の記事を見る

twitter→ @drifter_2181 / 1983年生まれ。北海道在住。2012年にブログ「小娘のつれづれ」をスタート、2014年からはフリーライターとしても活動。デビューから応援しているアイドルの再評価をきっかけに、新規 / ライトファンを意識したエンタメ記事を日々研究しています。

得意ジャンル
  • 音楽
  • 話題
  • テレビ
  • カルチャー
  • エンタメ
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス