アメリカ・コロラド州に住むメロディ・リーチさんとその娘ビエトリスちゃんに起きたドラマチックな出来事です。

ビエトリスちゃんは弱冠2歳という短い人生の中で、すでに多くのツラい経験をしているのです。

まず、ビエトリスちゃんは予定日より7週間も早く生まれ、未熟児として育ちました。その後8ヶ月の時に脳性麻痺と診断されたのです。脳の運動を司る部分に障害がある為、自力で体をうまく動かす事が出来ず、2歳になった今でもハイハイすら出来ないのです。

視力も弱く、うまく喋る事も出来ません。そんな彼女との日常生活には困難が多いのだと母のメロディさんは言います。特に苦労するのが“買い物”

股関節脱臼の障害も…

出典 http://youtu.be

買い物といえば、小さな子供にとってはそれはそれは楽しい冒険ですよね。お店にはワクワクするような好奇心を掻き立てる物が沢山並んでいて、感性を刺激する場所なはずです。しかし、メロディさんとビエトリスちゃんには“買い物”はツラく大変な物でしかなかったのです。

なぜなら、ビエトリスちゃんは片方の股関節が脱臼していて、買い物カートに乗る事が出来ないのです。成長した体はもう赤ちゃんの時のバギーに乗せる事も出来ず、車椅子に乗せなければならないのだそう。

片手で車椅子を押し、もう片方の手で買い物かごを持って買い物をするのです。
車椅子でなくてもこの大変さはわかるお母さんが多いのではないでしょうか。ベビーカーを押しながら買い物かご片手に買い物、グズる子供を片手で抱っこしながら片手でカートを押して買い物…多くのお母さん達が経験していると思います。片手操作の片手に重い買い物カゴはとてもツラいですよね。

更にビエトリスちゃんにとっては、体を起こした状態でずっと座っているのは困難なことで、疲れて痙攣を起こしてしまうこともあるのだとか。
このことで、メロディさんは別の方法を考えます。カートのカゴを置くところにビエトリスちゃんを寝かせて、体が転がらないように飲料ケースを支えの為に置き、買い物をすることにしました。

そしてたまに、ビエトリスちゃんを買い物へ連れて行けないこともあり、そんな日はヘルパーを雇わなければならないのです。身体障害があるため、ただのベビーシッターではなく、介護専門のヘルパーや看護師を雇う必要がありました。
ビエトリスちゃんを連れて行く日は苦労があり、連れて行かない日は出費がかさむのです。

そんなある日、いつも行くキングスーパーズのアシスタント・マネージャー、マイク・マイヤーさんがメロディさんに声をかけてきたのです。彼はいつも不便そうに買い物をしているメロディさん親子がずっと気になっていたのでした。

ビエトリスちゃんの状態を話すと、マイクさんは自分の知人も脳性麻痺であると打ち明けたのです。だから彼にはメロディさん親子の気持ちがよくわかったのでしょう。
メロディさんたちが買い物に来ることを苦痛に思っていることに胸が痛み、どうにかできないものかと考えました。

体の不自由な人でも買い物をしやすい環境であるべきだと考えたマイクさんは、早速上司に事情を説明し、スタッフみんなである計画を進めたのです。

ビエトリスちゃん専用カートを準備

出典 http://youtu.be

それからしばらくたったある日、いつものようにメロディさんとビエトリスちゃんはキングスーパーズへ買い物に出かけました。
そこで見た光景は信じられないものでした。なんとビエトリスちゃん専用のカートが用意されていたのです!障害もちの子供用のカートに、リボンやお花やバルーンがデコレートされたビエトリスちゃん専用カスタムカートだったのです。

“ビエトリスちゃん専用”と書かれた紙も付けられていて、それはまるでお姫様の馬車のようでした。

もちろんメロディさんは大感激!「お店はどうしてこんなことまでしてくれるんですか!?たった1組の顧客に過ぎないのに」と感動で胸がいっぱいでした。

このカートさえあれば、今後スーパーでの買い物はぐんとラクになり、ヘルパーを雇う必要もなくなります。素晴らしい対応ですね。

この障害児用カートは、今年大型スーパーマーケットのターゲットが初めて導入したカートで、企画を考えた人の娘の名前を取ってキャロラインカートと呼ばれているそうです。キャロラインさんはレット症候群と呼ばれる神経系の難病を患っているそう。

この素敵なカートに乗ったビエトリスちゃんはさすがにこの笑顔!とっても嬉しそう!
スーパー側としては当たり前の事をしたまでだということですが、とても素晴らしい対応ではないでしょうか。おもてなしの国と言われる日本でも、ここまで出来るお店はどれだけあるでしょうか。

障害の有無に関わらずとも、子供が機嫌よく乗ってくれるようなカートを置いてくれているお店にはとても好感が持てますよね。
身体障害がある子供のためのショッピングカートまでも必要とは、恥ずかしながら考えたことがありませんでした。このスーパーやターゲットだけでなく、その他多くのお店や日本でも普及するといいですね。

快適に楽しそうに買い物をしているメロディさんを見ていると嬉しくなりますね。きっとこれまではメロディさんもビエトリスちゃんも、ツラそうな表情で買い物していたんだろうな…と思うと胸が締め付けられる思いです。

心温まるサプライズは、知った私たちまでもが幸せな気持ちになりますね!

出典 YouTube

この記事を書いたユーザー

A.Jism このユーザーの他の記事を見る

海外かぶれ✈︎のコテコテ大阪人ライターです。まだ日本では伝えられていないような海外ニュースを中心に、育児ネタ、雑学ネタを記事にしたいと思います。多くの人に感動を、そして様々な問題を考えるキッカケを与えていきたいと考えています。やんちゃな2児の育児に奮闘する傍ら、執筆活動を頑張っています★よろしくお願いします!

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • ライフハック
  • 育児
  • 感動
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス