この一枚の写真がネットで話題

なんと、搭乗した飛行機の座席前に座っているのは、大きなシェパード!驚いた乗客が投稿したimgur写真が話題になっています。

投稿されてからわずか1日で200万回閲覧されたというのですから、その反響の大きさに驚いてしまいます。

なぜそんなに話題になったのでしょう。

小型犬や猫をキャリアに入れて旅行をする人の姿は頻繁に見かけるものの、大きな犬は、機内には普通入れず預け入れ荷物(動物)として貨物室預かりになるからです。チワワのような小さな犬を抱っこ紐や肩掛けバッグに入れて搭乗している人もみかけます。

出典 https://www.facebook.com

また、介助が必要な人がサービスドッグを連れて搭乗することは許されていますが、普通は写真のように座席ではなく、床に座ることになっているようです。

驚いた人々は、次々シェアしてコメントを投稿しています。

”いい子にしてるようですね!”
”映画何観てるんだろう?”
”窓から顔出せないから、退屈だろうな”
”やっぱ、ファーストクラスに乗るのはプードルだろ”
”これは、メンタルサポートが必要な人のサポートドッグじゃないかしら?”
”本物のAir Budだ!”(1997年に公開された映画”エアバディー”にかけて)

中には、この犬が首につけているチョークカラーを批判する人もいました。
”非人道的だ”とか”自分の首に巻いてみろよ”

結局、この犬はてんかんを察知するためにトレーニングされたサービスドッグだと判明します。

このシェパードの後姿に、凛としたものを感じます。本当にきちんとトレーニングされているのだろうな、と見て取れます。

サポートドッグとして働く犬たちは、人間のために手や足になって毎日一生懸命頑張ってくれています。素晴しいですね。ありがとう!

10月に話題になったのはこの犬

なんと太りすぎでドッグベッドに座ったまま、ファーストクラスに飼い主とともに搭乗したそうです。病気で歩けないため太ってしまったそうですが、オーナーのためのサポートドッグだと言うことです。

この記事を書いたユーザー

LittleD このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。テキサス州在住。料理研究家でフリーランスのコラムニスト

得意ジャンル
  • 話題
  • 動物
  • グルメ
  • 育児
  • 料理
  • 暮らし
  • カルチャー
  • 感動
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス