新年明けましておめでとうございます。

年末年始の食べ物と言えば、お蕎麦やおせち、お餅などが一般的ですが、皆さんはもう食べましたか?この時期にしか食べられない料理もあるので、つい沢山用意してしまって食べきる前に飽きてしまう、なんてこともあるかと思います。


そこで今回は、王道のレシピから飽きてしまいがちな食材をちょっとアレンジしたレシピまで、いくつかご紹介したいと思います。

年末に忙しく過ごしていた人も、ちょっと一息つける時期なので、試してみては如何でしょうか。

私流☆ 一番シンプルなお雑煮(関東風)

お雑煮というと沢山具が入っているイメージがありますが、シンプルな材料で作っても美味しく仕上がります。地域によって異なるため様々なお雑煮レシピがありますが、関東風もおすすめです。もっと簡単に作りたい場合は、出汁や調味料を使わずに麺つゆだけで作ってもOK。

【 作りやすい材料&分量 約5人分 】
・鶏もも肉(1枚)
・三つ葉(1束)
・切り餅(適量)
・乾燥出汁昆布&乾燥出汁(各適量)
・酒(大さじ3杯)
・醤油(大さじ2杯)
・みりん(大さじ1杯)
・塩(鶏肉用大さじ2杯、汁用小さじ1杯)
・汁用の水(1500cc程度)

【作り方】
1.鶏肉に塩を揉み込み、冷蔵庫で一晩~1日程度寝かせます
2.たっぷりの水と鶏肉を鍋に入れ、中火で沸騰させます。沸騰後5分程したら火を止め、自然に冷まします
3.鶏肉が冷めたら取り出し、鍋を綺麗に洗って、水と出汁昆布を入れます。常温なら3~4時間程度、冷蔵庫なら1晩程度浸します
4.昆布以外の出汁も加えて出汁をとり終わったら、酒、醤油、みりん、塩で味を付けます
5.一口大に切った三つ葉と鶏肉、加熱したお餅を加えて弱火で温めたら完成
(補足や詳細はリンク先を参照)

●おもちに飽きたら☆磯辺揚げ餅●

時間が経って少し乾燥してしまったお餅があるなら、焼くより揚げて食べた方が断然美味しいです。調理法を少し変えるだけで、かなり違った味わいになります。

【材料】
・おもち:好きなだけ
・だし醤油 or 麺つゆ:適量
・海苔:適量
・油:適量

【作り方】
・中温の油で、おもちを揚げます
・だし醤油or麺つゆを表面につけます
・海苔を巻いたら完成
(補足や詳細はリンク先を参照)

●チン☆で、パパッとチーズ餅●

チーズが好きでお餅を焼くのが面倒という人にピッタリのレシピです。すぐできるので小腹が空いたときにも便利。お皿につきにくく、洗い物も楽ちんです。

【材料】
・おもち:1個
・チーズ:適量
・海苔:適量
・醤油:適量

【作り方】
1.片方に寄せるようにお餅を海苔の上にのせ、醤油をかけます
2.チーズをのせます
3.電子レンジで加熱し、海苔を巻いたら完成
(補足や詳細はリンク先を参照)

●おいしい会津の郷土料理 こづゆ●

関東出身の私でも美味しいと感じた、福島県会津地方の郷土料理です。食べ過ぎになりがちな年末年始の胃腸にも優しい、お袋の味です。

【材料】
(作りやすい分量*約6人分)
・里芋:7個くらい
・人参:1本
・しらたき:1袋(約200g)
・白玉麩:適量(約30g)
・わらび(水煮):適量(約30g)
・銀杏(水煮):適量(約10粒)
・(干し)椎茸:適量(約2個)
・帆立の干し貝柱:4個くらい
・干し木耳:適量

【作り方】
1.貝柱はもどして身をほぐし、椎茸と木耳はもどして切ります
2.里芋は皮を剥いて輪切りにし、塩茹でします。人参はいちょう切りに、麩は水にさらします
3.なべに水とだしを入れ、人参を少し煮ます。糸こんにゃくは下茹でして、わらびと共に食べやすい長さに切ります
4.貝柱、椎茸、木耳、里芋、銀杏、しらたきも入れて煮ます。貝柱と椎茸の戻し汁も入れます。やわらかくなったら塩、醤油で味を調節
5.麩とわらびを加え、一煮立ちさせたら完成
(補足や詳細はリンク先を参照)

●クリームチーズで☆濃厚チーズせんべい●

こたつでテレビを観る機会が増えるこの時期は、おせんべいを食べる機会も増えるかと思います。そのまま食べても美味しいのですが、ちょっとアレンジするだけで違った味わいになります。(ハマると止まらなくなる禁断のレシピ)

【材料】
・クリームチーズ:適量
・せんべい:適量

【作り方】
1.せんべいとクリームチーズを用意
2.バターナイフ等でせんべいの表面にクリームチーズを塗ったら完成
(補足や詳細はリンク先を参照)

簡単デコカレー! アフロ猿の絶品バナナカレー

今年は申年なので、初カレーは猿で決まり!?
おせち料理に飽きてくると、何故かカレーが食べたくなるという人におすすめ。

【材料】(作りやすい分量*約4皿分)
・ご飯 4皿分
・バナナ 4本(1本当たり皮付きで約100g程度)
・豚肩ロースブロック 300g程度
・にんじん 1本
・ニンニク 1片
・塩 小さじ1/2杯
・バター 適量(10g程度)
・赤ワイン 100cc
・水 約400cc (目安)
・カレールゥ 4皿分
・米粉 お好みで適量

デコレーション用
・卵 2個
・海苔 適量
・ケチャップ お好みで適量

出典 http://woman.excite.co.jp

【作り方】
1.小鍋に卵と水を入れて火にかけ、ゆで卵を作り始めます。卵を茹でながら、豚肉を切ってボールに入れ、ニンニクをすりおろして加えます。バナナと塩も加えて、バナナを潰しながら揉み込みます
2.にんじんとバナナは輪切りにします。バナナ1本分は最後に加えるため、残しておきます。煮込み用には2本分を使用。にんじんはラップをして、加熱しておきます
3.鍋にバターを入れて溶かし、にんじんと煮込み用のバナナを加えて炒めます。バナナがペースト状になってきたら、行程1の豚肉を加えます
4.赤ワインと水を加えたら、にんじんが軟らかくなるまで蓋をしないで加熱します。たまに底の方から混ぜるようにします
5.煮込みながら、デコパーツも用意
6.味とトロミ加減を調節したら火を止めます。行程2のバナナを加えて一混ぜします
7.ご飯を盛って猿の顔の形にします。カレーを注ぎ、ゆで卵をのせます
8.最後に海苔の顔パーツをのせたら完成
(補足や詳細はリンク先を参照)

いかがでしたか?

時間がかかる料理もありますが、簡単にできる料理も結構あります。作ってあげると喜ばれたり意外な感想が返ってくることもあるので、普段あまり料理をしない人も是非試してみて下さいね。

この記事を書いたユーザー

なめっこ星人(nameko tomato) このユーザーの他の記事を見る

料理関係では「なめっこ星人」または「namekkoseijin」という名前で活動をしており、料理関係以外では「nameko tomato」という名前で活動をしております。

Spotlight 公式ライター& Woman.excite ライター(全記事撮影コーディネート含)、料理研究家、デザイナー、イラストレーター、オリジナル怪獣クリエイター。

レシピライターの活動では、『一時的ではなく、生活環境が変わってもリピートしたくなる料理』をモットーに執筆をしています。

まだまだ経験が浅く、至らない部分も多々あるかと思いますが、どうぞ宜しくお願い致します。


☆★☆ ★☆★ ☆★☆ ★☆★ ☆★☆ ★☆★

nametoma homepage
http://nametoma.jp/

nametoma blog
http://blog.nametoma.jp/

cookpad my page
http://cookpad.com/kitchen/1101523

Woman.excite column
http://woman.excite.co.jp/article/author/list/w_nammeko/

Twitter
https://twitter.com/namekkoseijin

Spotlight
http://spotlight-media.jp/writer/8858

YouTube
https://www.youtube.com/channel/UC-RjUXDUdx58twu9i9bmqhg

facebook page
URL長文の為、割愛します。「なめっこ星人」で検索

無添加くらぶ
http://mutenka.club/

著作権&リンク条件(About copyright and link)
http://blog.nametoma.jp/copyright

☆★☆ ★☆★ ☆★☆ ★☆★ ☆★☆ ★☆★

著作物の無断転載&無断加工は一切禁止しております。 (I wholly forbid the reproduction and manufacturing of my work without permission.)

得意ジャンル
  • 料理
  • カルチャー

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス