記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。
人間は、赤ちゃんのときから、無意識に鼻で呼吸をしています。

何らかの理由で鼻から十分に空気をとりこめないと、口でも呼吸することがあります。たとえば運動した直後などは、息がハアハアしていますが、これは口でも呼吸しているためです。慢性的に鼻がつまっていると、普段から無意識に口呼吸をしてしまうようになります。しかし、じつは口呼吸は、医学的にさまざまな問題があるのです。

代表的な口呼吸の5つの問題についてお教えします。

問題1:虫歯になりやすい

Licensed by gettyimages ®

口の中には常に唾液が分泌されていて、口の中をきれいに洗い流し、清潔に保つ役割をしています。口呼吸をしていると、口の中が乾いてしまい、この唾液の効果が十分発揮できなくなり、虫歯になりやすくなります。

問題2:風邪をひきやすい、アレルギーになりやすい

鼻の中にある毛はフィルターの役割をしており、鼻から吸い込まれた空気はこのフィルターを通ってきれいにして体の中に取り込まれます。また鼻の中で温まり、適度な湿度にもなっています。

口呼吸ではこうした鼻の役割が生かされず、空気中の細菌・ウイルスが直接気道の中に入ってしまうため、風邪をひきやすくなります。同様に、花粉やほこりなどアレルギーの原因となる物質も、鼻のフィルターを通らずに直接体内に入ってしまうため、アレルギー症状も出やすくなります。

問題3:いびきをかきやすい、睡眠時無呼吸症候群になりやすい

Licensed by gettyimages ®

下あごが後ろに下がってしまうと、気道が圧迫されて閉塞しやすくなります。寝ているときには、さらにあごば後ろへ落ち込んで気道が狭くなります。
狭いところを空気が通ると音が鳴る原理と同じで、気道が狭いといびきの原因になります。場合によっては、数秒~1分程度、呼吸が止まってしまうこともあります(睡眠時無呼吸症候群になりやすい)。

問題4:歯並びが悪くなる、出っ歯になる

長期間口呼吸をしていると、上あごが前に突き出し、下あごが後ろにひっこんでしまいます。子どものときから口呼吸をしてしまうと、下あごの成長が妨げられてしまい、歯並びが悪くなる原因となります。

問題5:ぼーっとした顔つきになる

Licensed by gettyimages ®

これは見た目上の話ですが、口呼吸をしていると、出っ歯で、口をぽかんと開けた表情となり、本人にはその気はなくても周囲には「ぼーっとしている」と見られがちになってしまいます。

口呼吸は今すぐやめよう!

無意識に口を開けて呼吸をしている方は要注意です。今すぐにでも口呼吸をやめるように心がけましょう。

口呼吸をしていると、ドライマウスになってしまう可能性も高まります…

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス