「10分どん兵衛」って知ってますか?
少し前に話題になりましたので「聞いたことがある…」って方も多いと思います。私もネットで話題になっているのを目にし、そんな話題を家族や友人と持ち出しても「そんな食べ方したくないわ」と失笑するばかり。私の周囲では私も含めて誰一人として試そうとしませんでした。

正直に言えば「気の抜けたサイダー好き」「湿った煎餅が美味しい」そんな趣向の一種じゃないかと、興味はあっても実際にやってみようとは思わなかったのです。

ちなみに話題の発端は…

マキタスポーツさんのブログ!

「10分どん兵衛」。公園で食べました。
この「10分どん兵衛」、僕のやっているラジオ「東京ポッド許可局」で話したところ大反響をいただいておりまして。
やり方は簡単。お湯(熱湯がベター)を入れて10分ただ待つだけ。
ラジオでこのことを話すと、その後ネットなどで、類似する、例えば、「耐熱容器に入れてレンジでチンすればどん兵衛がさらに美味くなる!」とかいう情報も同時多発する展開に。(僕の提唱しているやり方は、少しの忍耐が必要なだけで、ただ5分だけ余計に待つのみで出来るんで、レンチンよりおすすめです)
僕はもともと、インスタント麺に対しては、かた茹でするより、ちょっと伸びてるぐらいが好きなんです。

ここで熱く語ってる部分があるのですが、そこを引用して見ますと…

どん兵衛の場合は、ある時期から麺質を、同類他社の製品と差別化しています。かなりしっかりとした揚げ麺になった。で、茹で時間を5分ということにしてあるんですが、僕にはこの5分が、メーカー側出された“お題”のように思えたんです。

「この5分、キミはどう解釈する?」

と。で、僕は思った。「よし!越えてみよう!」って。
で、倍の10分でやってみた。するとどうでしょう、麺がツヤツヤで、ツルツルになって、とても美味しくいただけたんです。
日清さんの無言のメッセージが受け取れたと思えた瞬間です。

「よく自力で辿り着けたね、おめでとう。」って言ってもらえたような気がした。

出典 http://ameblo.jp

なるほど!すごい説得力あるますよね。

確かにこの文章を読むと、実際にやってみたくなりますし、そして実際にやった人たちから「本当に美味しかった」と言う声が上がり、先月の末頃(2015年11月末)に大きな話題になっていました…

それでも、「ほんとかなあ~」と言う気持ちの方が強くありました。
(同じように感じていた人も多かったのではないでしょうか)

ところが…思わぬ事態が発生します。


それは…

まさか、どん兵衛が公式に「お詫び」と言う事態に…

なんと、まさかの展開に!って言うか「10分どん兵衛」を日清食品が公式に受け入れたと言う事は、本当にこの食べ方が美味しかったってことですね。実際にどん兵衛担当者もマキタスポーツさんとの対談で「美味しい」と公言しました。こうなれば絶対に試してみたいものです。それにしても、この食べ方を公式に認める日清食品も素敵だなぁ~

さぁ~、今からコンビニに走ってどん兵衛を買って、是非この「10分どん兵衛」を試してみませんか♪ 新しい発見がありそうですよ。

どん兵衛担当者が「10分どん兵衛」の実食&緊急対談!必見です。

この記事を書いたユーザー

タビザラシ このユーザーの他の記事を見る

旅と食べ歩き好き。珍しいもの、新製品、ヘンテコな雑貨に興味津々。お洒落やファッション系は苦手。spotlightプラチナ公式ライター

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス