記事提供:子ある日和

出産後、毎日大忙しなママ。パパはお仕事がお休みの日があったり有給をとったり、毎日家族の為に仕事をしてくれているけど、ママには休業日?そんな休みなんて残念ながら存在しない!

ママのお仕事は赤ちゃんのお世話だけでなく、日中は、掃除や洗濯にご飯の準備。夜は赤ちゃんの寝かしつけなど、休む暇もありません。

ですが、ママにも休業日が必要です!たまには、1人で過ごしたい!と心の底では考えているママも多いはず。ここではママ休業する為の方法をかんがえてみましょう。

ママ休業日を取る日

なんだか、最近疲れたな~とか思い通りに家事が進まなかったり、赤ちゃんのお世話は毎日成長を感じたり、素敵な笑顔に癒されはするけど、なんか思うようにいかないなぁ。って感じ始めたら黄色の危険信号です。

黄色の危険信号のうちに、どうにかしなくては、あー全てが無理!ヤル気が起こらない!と赤色の危険信号になり、悪循環です。

そのまま放っておくと、負のスパイラルに落ちいりかねません。そうならない為にも、黄色の危険信号のうちに、少しでもママ休業を取りましょう。

ママ休業日の取り方

でも、いざママ休業を少しだけでも取りたい!と思ってもそう簡単には取れないのが現実です。

パパもせっかくのお休みの日なのに、赤ちゃんをママ休業する為にみておいて!と言うのもなかなか気がひけるし、快諾してくれるかもわからないし…と悩みますよね。

それでも家事なら、ちょっと今日はご飯作りをお休みして外食にしよう!とか、余計なお金はかかってしまうけど今日はお惣菜で済まそうなど、ちょっと手を抜く事でお休みにする事は比較的簡単にできます。

ママ休業は実際、自分以外の誰かの協力がない限り、お休みする事は不可能です。でも、何もかもが手につかなくなってしまう前に少しの時間だけでもいいから、遠慮せずに、自分の時間を持って、心身共にリフレッシュする事も必要です。

休業中の赤ちゃんのお世話について

ママ休業を取る決断をしても、その間誰に赤ちゃんのお世話をお願いするかによって逆にママにとってストレスになる場合があります。

普段から育児に協力的な育メンパパなら、安心してお願いできますが、普段オムツ替えすらしたことないパパだと、たとえ少しの時間でもあれこれ思う部分があり、逆にイライラしてしまう事も。

そんな時は最初から全部を任せるのではなく、最初は1時間。そして次は2時間。そしてさらには3時間、半日と徐々にパパも育メンに育て上げましょう。

そうすることで、ちょっと自分1人で買物へ行ったり、美容院へ行ったり気分転換できる時間を持つことで心にも余裕ができます。

パパも心強いですが、おじいちゃんおばあちゃんも可愛い可愛い孫との時間をたのしみにしているはずなので、遠慮せずにお願いして、たまには夫婦2人の時間を過ごすのもいいかもしれません。

毎日毎日、いろんな事に追われて大変なママ。育児に終わりなんてありません。

幼稚園、小学生と成長してゆくと、今のように24時間つきっきりでお世話しなくても大丈夫になり、多少は楽になるかもしれませんが、違った意味で大変になります。

だからこそ、ママ休業日を遠慮せずに取って、リフレッシュして、赤ちゃんのお世話を楽しんで毎日を充実した日々にしましょう。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス