記事提供:Techinsight

クリスマス映画の定番として今もなお愛されている『ホーム・アローン』に主演し、ウッカリ家族に置き去りにされてしまう少年“ケビン・マカリスター”を演じたマコーレー・カルキン(35)

彼がこのほどコメディウェブシリーズに出演し、大人になったケビンを怪演した。

新ウェブシリーズ『:DRYVRS』にて、マコーレー・カルキンが大人になった“ケビン・マカリスター”を演じた。タクシードライバーとしてある男を乗せたケビンは、客に運転を任せてこのように話している。

「忌々しいクリスマスだった。家族全員が休暇に出かけて、8歳の息子を忘れて行きやがった」

「2人のサイコな侵入者から家を守ったんだ。まだ子供だったのに!」

「クソ兄貴のことは覚えていたのに、俺を忘れて行きやがって…。世界で最高にキュートな8歳児だったのに!いまだに悪夢をみるぜ」

しかしその後、停車した車に銃を持った男が接近。ケビンは『ホーム・アローン』さながらのやり方で男に反撃し、ロープでぐるぐる巻きにして監禁するのだ。

最後にはケビンの有名な絶叫シーンの“オジサン・バージョン”もあり、アメリカの映画ファンは「もっとみたい」「面白かった」と高く評価している。

出典 YouTube

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス