今日、待ちに待った「スターウォーズ/フォースの覚醒」上映開始、日本でも今夜からですよね!それを受け、クリスマス商戦と相まってアメリカではどこに買い物にいっても必ずスターウォーズのコーナーがあり、グッズが目に入らずに外出先から帰ることが不可能なほどです。

アメリカのセールは週がわりが基本で、特にクリスマスの時期には毎週の日曜版に本紙より分厚くなるほどの広告が入ってくるのですが、スターウォーズで全米をあげてお祭り騒ぎになっている今週分には目を見張るものがありました。まとめてお送りします。

家電ショップ

出典Photo by Eko

右がスピーカー、左がトースターです。トースターは中のプレートを入れ替えるとスターウォーズのロゴやベイダー卿のご尊顔が刻印されます。

出典Photo by Eko

R2D2の形の加湿器。すっごく欲しい!

出典Photo by Eko

イルミネーション付きのクリスマスデコレーション。ダース・ベイダーとヨーダは庭用です。

出典Photo by Eko

なぜか家電ショップなのにマトリョーシカが…(笑)

スーパーマーケット

出典Photo by Eko

チェダーチーズ味の塩気の効いた子供に人気のクラッカー。3ドル49セントのものがメンバーズカードと割引券で2ドル99セントになるそうです。

出典Photo by Eko

左上はシリアル。極甘のカリカリしたマシュマロがスターウォーズモチーフです。右下はフルーツスナック、グミのように見えてグミより堅いお菓子です。

出典Photo by Eko

チューブ入りの「グルト」アメリカではゴー・グルトという名前です。

出典Photo by Eko

コーヒーフレッシュですが、ダースベイダーのものはエスプレッソ・チョコレート味。コーヒーにエスプレッソを足す感じなんでしょうか…

出典Photo by Eko

あちこちのバイラルメディアでもたくさん紹介されていたキャンベルスープ缶。

出典Photo by Eko

ヘルシーなおやつの代表、グラハムクラッカーです。キャラクターの形になっています。

出典Photo by Eko

アメリカの子供の主食、マカロニ&チーズ。下のはカップに水を入れてレンチンするインスタント物です。

ドラッグストア

出典Photo by Eko

ドラッグストアは薬と化粧品だけ売っているわけではありません。R2D2の充電器、可愛いです♪

出典Photo by Eko

塗り絵は小さい子供用にはクレヨンが付いています。右端のものはペンに水を入れてなぞると色が浮き上がるもの。汚さないし時間は潰れるしで、ママの味方です。

出典Photo by Eko

日本でも話題になったプチプラメイク、カバーガールのスターウォーズバージョン。

ディスカウントストア

出典Photo by Eko

ミニオンも人気なので一緒に写ってますが、モコモコ靴下。でもこれメンズなんですけど。男性も冷え性なのかな…

出典Photo by Eko

こちらはインドア用クリスマスデコレーション。

出典Photo by Eko

この丸い折りたたみ椅子、結構具合がいいんですよ♪

出典Photo by Eko

カーシートもスターウォーズで。

出典Photo by Eko

このスリッパ、何種類か見たことがあって、ダースベイダーのは口に足を突っ込むみたいだなあと思ってましたが、ストームトルーパーのほうが大口あんぐりですね。なんか、とても間違っている気がします。

出典Photo by Eko

子供用ぱんつ。男子用で4歳から20歳までと書いてありますが、こういうデザインのものは20歳用はありません(笑)せいぜい10歳用ぐらいまでですね。

出典Photo by Eko

ぬいぐるみ付きのブランケット。

出典Photo by Eko

アメコミ調シャワーカーテン。下に洗面所用のグッズがいろいろ置いてありますが、お風呂でフォースの世界にひたれるわけですね。

出典Photo by Eko

このヨーダさんは等身大です。身長2mぐらいのストームトルーパーさんも売っています。

出典Photo by Eko

常夜灯、ひび割れシールまで入れて商品です。臨場感ありますよね。

出典Photo by Eko

こちらも常夜灯です。可愛い。

出典Photo by Eko

クリスマスの時だけに現れる子供用歯磨きセット。歯ブラシ、歯磨き粉、マウスウォッシュ、石けんが入っています。「ジェダイのように磨け!」って書いてありますが、歯磨き粉は帝国用(笑)

出典Photo by Eko

オモチャの広告はありきたりなので避けましたが、こちらはボバフェットが空気圧でピョーンと飛ばされるのが何となく哀愁で、お見せしました。

出典Photo by Eko

寝袋。シス仕様で眠るとどんな夢を見るのでしょうか。

出典Photo by Eko

タンブラー、ウォルマートにしかありませんと書いてありますが、他の店でも見かけました。

アメリカではこの「どっちをむいてもスターウォーズグッズ」の状況がハロウィーン前からずっと続いています。私はそこまでファンではないのですが、最近では黒字に白いロゴがあるものはみんなスターウォーズに見えるようになってしまいました(汗)

ちなみに私が住んでいるシアトル、全米で唯一「フォースの覚醒」封切り直前にスターウォーズ全6作を一挙放映することをディズニーから許可された映画館があります。3月に戦艦「武蔵」を発見したポール・アレン氏所有の上演館で、今このとき、思い思いのコスプレをした人達が22時間ぶっ続けでスターウォーズの世界にひたっています。

May the Force be with you.

この記事を書いたユーザー

Eko このユーザーの他の記事を見る

米シアトル在住、「地球の歩き方」特派員です。
http://tokuhain.arukikata.co.jp/seattle/
新記事をアップするとツイッターでつぶやきます。
https://twitter.com/EkoNay7789
たくさんのステキを共有できたらと思っています。気に入った記事がありましたらぜひ教えて下さい。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス