気がついてみたら1日座りっぱなしかも?

 朝食で座る、車の運転で座る、会社のデスクに座る、帰りの車で座り、テレビを見るのにリビングで座る。それは学校でも言えること。
さて、そんな生活習慣に衝撃的なことがネットで拡散。1時間座ると寿命が22分ずつ縮まるとのこと。
そこで今回はそんな悪影響のと言われる、座りっぱなしのリスクについて調べてみました。

1時間以上座るリスク「22分ずつ寿命が縮まる」

座り方が悪いと心筋梗塞、便秘、肥満…
1時間座ると下半身の血流を循環させる機能が50%低下
1時間座った姿勢を続けることに寿命が22分ずつ縮まる→健康被害はタバコに匹敵すると言われている。

怖いですね。

総死亡リスク11%上昇

米国の先行研究では、余暇のテレビ視聴による「座位時間」が1日2時間未満の成人を基準にした場合、2~4時間未満、4時間以上と座位時間が増えるにつれて総死亡リスクが11%ずつ上昇

出典 http://diamond.jp

Googleでは、バランスボールを椅子にして作業するのは有名な話ですね。
こういうリスクを回避する目的もあるようです。

冠動脈疾患死亡リスクが18%上昇することが示唆された。このほか、1時間座位を続けるごとに平均余命が22分ずつ短くなる、という空恐ろしい指摘

出典 http://diamond.jp

1日約8時間座っていたら、役3時間近く寿命が縮まる計算かぁ

1日に6時間座る生活を続けていると、たとえ日常的に運動をしていたとしても、1日に3時間しか座らない生活の人に比べて15年以内に死ぬ確率が40%増える

出典 http://www.excite.co.jp

 座りっぱなし、立ちっぱなしなど極端な偏りがある生活は健康にいいわけないですよね。
そういう対策として、1時間のうち10分の休憩を設けたりしているわけですから。

米国 「脱椅子授業」が流行

出典 http://www.xinhuaxia.jp

米国フロリダの小学校では立ち勉強を実施しているとか、効果は活気にあふれ授業に集中するとか。カリフォルニアでも導入が決まっているという。

海外では立ちスタイルでの仕事も普通に取り入れられていた

出典 https://healthpostures.com

スウェーデンではディスクの高さをボタン1つで自動昇降デスク導入され、座ったり立って仕事ができるようになっているとか。

昇降デスクが普通に導入されている。

出典 http://scandinavianmodern.jp

フェイスブック社などシリコンバレー企業は従来のカラダに悪いとされる、座りっぱなしを積極的に改善してゆく企業の姿勢や新しいことを積極的に導入し受け入れる自由な社風は日本でも見習うべき所があるかもしれません。

まさかのラン二ングマシンが…

出典 http://photolover555.blog.fc2.com

これぞオフィスの進化系?
ランニングマシンとデスクのコラボ!?歩きながら電話やパソコン作業をしている…
ダイエットや健康づくりをしながらの仕事っぷりにちょっとやってみたい気がしてきました。

TrekDesk Treadmill Desk

出典 http://www.amazon.com

まさかアマゾンで購入可能でした。

まとめ
 座りっぱなし、立ちっぱなしの作業や勉強は終わりを告げるかもしれないですね。
何事も同じ姿勢を何時間も続けることは体には良くないことは何となく解りますから。
将来は立ってもいいし、座ってもいいし、はたまたランニングマシンで歩きながら?でもいいなんていう個々の集中できるスタイルで仕事や勉強をする日が日常の風景になるかもしれません。

この記事を書いたユーザー

クロダアキヒロ このユーザーの他の記事を見る

最近分かった事なんですけど長文読むの苦手です。もちろん長文書くのも苦手だったりします。なので、Twitterで話題性のあることを中心に今は書いています。

得意ジャンル
  • 話題
  • マネー
  • 社会問題
  • ライフハック
  • 暮らし

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス