トレードマークの長髪を突然バッサリカットした柴咲コウさん

女優で歌手の柴咲コウさんが、写真投稿SNSインスタグラムで自慢のロングヘアをばっさりと切り落とした写真を掲載し「何があったの?!」と心配する声が挙がっています。

切り落とされた髪は30~40センチはありそうな長さです。捨てるのが惜しいのか、綺麗に結んで置かれています。

しかし柴咲さんの投稿を良く見ると、なにやら「髪の毛を寄付」「ヘアドネーション」と言った聞きなれない言葉が添えられていました。

ヘアドネーションとは

病気や怪我等、さまざまな理由により髪を失ってしまった18歳以下の子どもに髪を寄付することをヘアドネーションと呼びます。

寄付された髪の毛はJapanHairDonation&Charity(JHDAC)が完全無償で子どもたちにフルオーダーのウィッグとしてプレゼントしています。

医療用のウィッグは高価で、数万円以上になります。治療にもお金を沢山使う中、JHDACは1円の請求もせずに100%人毛、オーダーメイドでウィッグを作っています。

なんと、髪を必要としている子どもたちのもとに出向き、ウィッグを被せカットしてあげているのだそうです。

また、1つのウィッグを作るためには20~30人分もの毛が必要で、集めたそれらの髪質や色を統一させるなどの処理に1年近くも掛かるとのことです。

インスタグラムでは既に話題沸騰中。次々とロングヘアを脱ぎ捨てる姿がアップされています。

自身で髪を切る女優の水野美紀さんの姿も。

水野美紀ちゃんから次のドラマの役作りの為にロングからバッサリとショートに切りたいとの連絡が。

では、いつものように役に合わせてヘアスタイルの打ち合わせを…なんて思っていたら第一声

「ヘアドネーションって出来るかな?」

出典 http://dairyu.me

へアドネーションをするときのカット方法

へアドネーションは賛同サロン以外にも、普段行きつけのサロン、自宅でも行うことができます。いくつか注意点があるので見ていきましょう。

●トリートメントやワックスは使わず、乾いた髪を使用します。
●白髪、カラー、パーマが施されていてもOK。引っ張るとすぐ切れてしまうような酷い傷みがある場合はウィッグを作ることができません。
●カット部分の長さが31センチ以上あること。それより短いとウィッグを作ることができません。

髪の毛をカットしやすいように少量ずつ束ねます

出典 http://hs-luz.blogspot.jp

この際ビニール製のゴムなどは切れやすいので、輪ゴムを使用します。結んだ1~3センチ上部をカットしてください。

長さがまばらでもOK。1つにまとめて送ります

出典 http://www.salon-de-oji.com

カットした髪の毛は、同一人物のものは長さが違っても更にゴムで束ねてまとめます。

531-0072
大阪府大阪市北区豊崎3-8-18
NPO法人 JHDAC へアドネーション係

出典 http://jhdac.org

髪は丈夫な封筒などに入れ、上記宛先に送ります。クッション材などの特別な梱包は不要ですが送料などの費用はドナー側の負担になります。

必須ではありませんが「ドネーションシート」を添付することで髪の毛が無事に受け取られたのかを確認することもできます。

ドネーションシートはJHDACのホームページからダウンロードできます。

賛同サロン

へアドネーションに賛同している美容室では、カットから送付までをお手伝いしてくれます。

また、カットの割引や、半額を寄付など独自に特典をつけていることもあるので、お近くのサロンを検索してみてはどうでしょうか。

行きつけの美容院でカットする場合はJHDACのホームページの注意点を美容師に見せ、髪は持ち帰り自分で送付することでヘアドネーションに協力することができます。

へアドネーションに協力したドナーたちの声

子どもからお年寄りまで、本当に沢山の方が協力していることがわかります。

年月をかけて大切に伸ばした髪をバッサリと切ってしまうのは寂しいですが、それが誰かの中で生き続けてくれるなら嬉しいですね。

手紙の中には「髪を切るのは嫌だけど、役に立つなら」という小学生の声や「私も病気でウィッグをつけていたこともあったから」といった声もありました。

髪の長さの分、さまざまな思いも詰まっているんですね。

この記事を書いたユーザー

さかいまりも このユーザーの他の記事を見る

プラチナライターになりました。
歳をとっても「おんなのこ」らしくありたいと願うズボラ主婦。
プチプラ、可愛いもの、チョコレート好き。
札幌、新潟、東京、埼玉を行き来しています。

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 動物
  • グルメ
  • 料理
  • テレビ
  • 美容、健康
  • おもしろ
  • ニュース
  • 話題
  • 社会問題
  • インターネット
  • ライフハック
  • 育児
  • 暮らし

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス