年末年始やゴールデンウィークなど長期間家を留守にするときにしておくことで害虫の発生を抑制できるおすすめの方法をまとめてみました。

害虫が発生しないための方法

留守中に様々な害虫が部屋に発生しないように対策を取っておくことが非常に大切です。

防虫剤を散布する

ゴキブリ、ダニ、ノミ等の衛生害虫に幅広く効果があります

出典 http://varsan.lion.co.jp

ゴキブリやダニなど特に気を付けたい害虫の駆除、予防に役に立つのが燻煙剤の散布です。

排水口に蓋をする

排水口の水がなくなってしまうと下水より蒸しの侵入を許す結果になってしまいます。

生ゴミを放置しない

当たり前ですが、生ごみなどがあると虫が寄ってきます。さらにそこから大量発生する危険性もあります。ゴミが出たらすぐに捨てるようにしましょう

郵便受けをテープなどで止める

ゴキブリなどは数ミリ程度の隙間から入ってきてしまいます。なのでアパートなどで郵便受けがついている玄関の場合テープなどでしっかりと隙間をふさぐ必要があります。

換気扇はつけっぱなしにする

空気の入れ替えをする換気扇は、止めてしまうと害虫の侵入経路になってしまうので止めないようにする必要があります。

ゴキブリ対策の反応

害虫の中でもやはりゴキブリについて考えている人は非常に多いです。アパートなどで新聞受けが玄関についている人は新聞が挟まっている間は空間ができるので害虫の侵入を許しかねない状態になっているようです。長期間で外出するときは新聞などを止めることも害虫予防になるようです。

この記事を書いたユーザー

ぴか このユーザーの他の記事を見る

静岡生まれ、大学は北海道、その反動で定職にもつかず卒業後は沖縄にて、半年ほどチャリダーをして島々をまわり、東京でお金をためてインドで3ヶ月バックパッカーに、日本に戻ってからは大阪で生活していたが結婚を期に実家の静岡で農業をやるも、考える所があり現在は再び沖縄で生活中の2児の父親です。

得意ジャンル
  • ゲーム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス