記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。
妊娠してから出産するまでは、産婦人科で妊娠が順調に進んでいるか確認するための、妊婦健診が行われます。名前は知っていても、内容や費用などについては具体的にはご存知のない方もいるかもしれません。
そこで今回は、気になる妊婦健診について医師に解説していただきました。

妊婦健診の内容って?

妊婦健診では赤ちゃんが順調に育っているか、お母さんが健康であるかを確認しますが、内容は時期によって変わってきます。

妊娠初期
・経膣エコーで、胎児の心臓の鼓動や、大きさなどを確認
・子宮底長を測り、血圧や体重を確認
・尿検査で、尿たんぱくや尿糖を確認
(下肢などにむくみがないか、妊娠高血圧症候群の疑いがないかなど母体のリスクを確認)
・血液検査で、赤ちゃんに関わる感染症を確認

妊娠中期から後期
体重などに加え、エコーは経腹エコーになり、お腹の表面から見るようになります。
赤ちゃんの体重や大きさを予測し、異常がないかどうか確認していきます。

妊婦健診の頻度って?

通院の頻度は医院によって変わってきますが、

・妊娠初期~妊娠23週:4週間に1回程度
・妊娠24週~妊娠35週:2週間に1回
・妊娠36週以降:週1回

の受診頻度が一般的です。

妊婦健診は、国民健康保険などの健康保険が効きません。

そのため、自費の場合1回あたり、5,000円~10,000円程度の費用がかかってきます。
しかし、区や市町村で妊婦健診に対する助成があるため、費用は無料になったり、割引きになったりします。

一般的に、妊娠した際には母子手帳とともに、妊婦健康診査受診票が妊婦さんに手わたされます。これに、必要事項などを書き込み、妊婦健診の際に病院に持っていくことによって妊婦健診の費用が助成されます。自治体によって、内容や費用が違うため、確認されるといいですね。一般的には、全期間を通して無料になることは少ないです。

【医師からのアドバイス】

実際に行くまでは診察内容や費用などもはっきりはわからない場合もありますが、設備や金額などは病院によって大きく異なる場合があることも事実です。
初めてで気になる場合は、病院について経産婦の方に聞いてみるのもいいですね。

(監修:Doctors Me医師)

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス