高校二年生の春。未来の自分から一通の手紙が届いた—。そう始まるストーリー。少女漫画の域を超えてファンを獲得した「orenge」が映画化されました!

絶賛公開中となる映画「orange」からこんな動画が届いています。

映画「orange」とは

原作者は高野苺さん。2015年8月に「月刊アクション」(双葉社)にて連載終了を迎えたコミックが原作です。既刊4巻にして累計210万部を突破するなどの人気ぶり。年齢・性別に関係なくファン層を拡大中なんです。

「高校2年生の春。10年後の自分から、手紙が届いた。そこに書かれていたのは、大切な人の未来が無いということ。」その切ない世界観だけで誰もがハッとする、少女漫画の枠を飛び越えた新たなる青春純愛ストーリー「orange」。

出典 http://www.orange-movie.com

映画「orange」に期待する声も多い

主題歌を歌うのはコブクロ

原作「orange」を読んで、この「未来」という楽曲ができました。「未来」という言葉は、前向きも捉えられますが、「未来は、どうなるかわからない。」という刹那な不安とも隣り合わせである事を、この物語を通して感じました。

出典 http://www.orange-movie.com

主題歌を歌うのはコブクロさんです。映画・orengeのために楽曲を作りました。二人のハーモニーが映画を盛り上げます。

たとえ、思いは叶わずとも、愛する人のそばにいたい。届けられなくとも、今、そばにいたい。そう願う、か細い気持ちにも、きっと強い「命」が宿っています。片恋の美しさは、永遠です。映画を通して流れるこの楽曲で、忘れていた何かを思い出してくれたらいいなと思います。

出典 http://www.orange-movie.com

そんな「orange」から素敵な動画が届いています

映画化を記念して原作コミックをアレンジしたこんな動画が届いています。orengeを読んでいなかった人も、楽しめる内容なのでその一部をご紹介します。

その物語は主人公・菜穂が未来からの自分からもらった一通の手紙から始まります。

私は10年後の未来から手紙を書いています。

出典 https://www.youtube.com

というフレーズからはじまった手紙には、この日転校生が来るということが綴られていました。

なにかのいたずらだろうと気に留めていなかった菜穂ですが、なんと本当に転校生が現れます…!

名前は「成瀬翔」

席はとなり。

出典 https://www.youtube.com

手紙に書いてあった通り、本当に転校生がきたことで、驚く菜穂。びっくりしながらも完全には信じきれませんでした。

翔は菜穂をはじめ、クラスメイトと徐々に仲を深めていきます。

しかし、手紙に綴られていたのは…

翔は17歳の冬、事故で亡くなりました。

出典 https://www.youtube.com

手紙の続きを読むと、そう書かれていました。

さらに翔は母親が自殺したことで心に傷を負ってしまった少年でした。

心の傷を抱えている翔。しかし一緒に過ごしていくうちに菜穂は彼を好きになり、彼を死なせたくないという思いが強くなっています。

翔は私が救う

出典 https://www.youtube.com

菜穂は翔を救うことを決意します。

しかし無情にも手紙の内容と同じ出来事が…。

懸命に翔と連絡を取る菜穂。

私は一生忘れない

出典 https://www.youtube.com

果たして結末はどうなるのか…。この動画を見ればあなたもきっとorengeが見たくなりますよ!

出典 YouTube

少女漫画の域を超えて幅広いファンを獲得している映画・orenge。動画を見るだけでもウルウルきてしまいます。コブクロの歌がまた心に染み渡るんですよね…。気になる人はぜひ劇場へ足を運んでください。

この記事を書いたユーザー

白うさぎ このユーザーの他の記事を見る

芸能ニュース、芸能ゴシップ好きの33歳女性。ブログをお休みして、最近はSpotlightでの執筆にハマる日々です。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス